« 1000 | Main | Gadget Geeks »

Canadian cows suffer

イギリスネタではありませんが、BSEに関するニュースです。
アメリカはカナダ牛の蹄紋(指紋の代り)採取を国境で開始

テロと狂牛病という二つの恐怖にヘッドラインが占められている今日この頃ですが、 アメリカ家畜保障局は、昨日、国境審査の強化の実施を開始しました。 今回の強化には、カナダからの全ての牛の蹄紋採取と写真撮影が含まれています。
強化開始初日において、何頭かの牛が、コンピュータースクリーンの上に蹄を乗せたり、写真撮影のためにじっとするのをいやがりましたが、家畜保障局の担当者は、「新しい審査方法は、通常の国境審査より20分余計に掛かるだけです」と話しています。

カナダ牛権(人権じゃなく)擁護団体は、この”理由のない外国種(牛)嫌いの審査”に対し抗議しています。

「彼らは、ただカナダ出身で牛であると言うだけで、脅威のないホルスタインを犯罪者のように扱っている。彼ら(畜産保障局)は、単に、できるだけ自国の畜産の安定を計り、アメリカ経済に貢献しようとしているだけだ。」と匿名の牛権市民団体(Bolvine Civil Liberties Union)のスポークスマンが発表しています。
もちろんジョークですので信じないように
しかし、この中には、アメリカのBSE問題、テロ対策、そしてアメリカの産業保護主義を辛辣に批判したメッセージが込められていると思います(多分)。

出典:A-Grin-A-Day .Com

|

« 1000 | Main | Gadget Geeks »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/98311

Listed below are links to weblogs that reference Canadian cows suffer:

« 1000 | Main | Gadget Geeks »