« Winnie The Pooh | Main | Hamburger Surprise »

Anger Management

今日は超ロングジョーク
イライラ の解消方法について
When you occasionally have a really bad day, and you just need to take it out on someone, don't take it out on someone you know, take it out on someone you don't know.

時々、とってもついてない日ってありますよね、そして、そんなとき誰かにやつあたりしたくなったら、自分の知っている人じゃなく、誰か知らない人にしましょう。


It all started one day when I was sitting at my desk and remembered a phone call I had forgotten to make. I found the number and dialed it.
A man answered, saying, "Hello." I politely said, "This is Rich. May I please speak with Robin Carter? " Suddenly, the phone was slammed down on me.

それは、ある日突然始まったんです。私は、自分のデスクに座っていたところ、電話をかけなければならないのを思い出し、メモした電話番号にかけました。
男が出たので、私は、丁寧に言いました、
「もしもし、そちらはリッチさんですよね。ロビン・カーターさんにつないで頂けますか?」
すると、突然、電話はガチャンと切られてしまいました。



I couldn't believe that anyone could be so rude.

私は、’そんな無礼なことってあるか!’と信じられませんでした。


I tracked down Robin's correct number and called her. I had transposed the last two digits of her phone number. After hanging up with her, I decided to call the 'wrong' number again. When the same guy answered the phone, I yelled, "You're an asshole!" and hung up. I wrote his number down with the word 'asshole' next to it, and put it in my desk drawer.

私は、ロビンの正しい電話番号を捜し出して、彼女にかけました。私は、下2桁を入れ換えてかけてしまっていたのでした。
彼女との電話を終えると、私は、同じ’間違い’電話をもう一度かけました。同じ男が出たとき、私は、怒鳴りました、
「ばーかっ!!」
そして、すぐに切りました。
私は、その電話番号をメモし、横に”バカ”と書いて机にしまいました。


Every couple of weeks, when I was paying bills or had a really bad day, I'd call him up and yell, "You're an asshole!" It always cheered me up.

数週間おきに、支払日やついてない日に、その番号に電話し、その男に向かって「ばーかっ!!」と怒鳴りました。それで、いつも私は元気になりました。


When Caller ID came to our area, I thought my therapeutic 'asshole' calling would have to stop. So, I called his number and said, "Hi, this is John Smith from the Telephone Company. I'm just calling to see if you're interested in the Caller ID program?" He yelled, "NO!" and slammed the phone down.

私のエリアに番号通知サービスが導入され始めたので、私の「ばーかっ!!」電話療法も止めなければと思いました。それで、彼の電話番号にかけて言いました、
「こんにちは、私は電話会社のジョン・スミスと言うものです。あなたが電話番号通知サービスに興味がおありかどうか確認するためにお電話差し上げた次第です。」
彼は「いいえ」と怒鳴り、電話をガチャンと切りました。



I quickly called him back and said, "That's because you're an asshole!"

すぐさま、彼にもう一度電話し、私は言いました、
「だから、お前は馬鹿なんだよ!」


One day I was at the store, getting ready to pull into a parking spot. Some guy in a black BMW cut me off and pulled into the spot I had patiently waited for. I hit the horn and yelled that I had been waiting for the spot. The idiot ignored me. I noticed a "For Sale" sign in his car window, so I wrote down his number.

ある日、あるお店で、駐車スペースに止めようとしていたところ、黒のBMWに乗ったやつが、横はいりして私が我慢して待っていたスペースに車を止めてしまったのです。
私は、クラクションを鳴らして「私が待ってたんだ!」と怒鳴りました。その野郎は、私を無視しました。
私は、そいつの車の窓に「売ります」と書いてあるのを見つけて、電話番号を書き留めておきました。


A couple of days later, right after calling the first asshole, (I had his number on speed dial), I thought I had better call the BMW asshole, too.

数日後、最初の”馬鹿”にかけたあと(私は、その番号を短縮ダイヤルに登録していた)、あのBMWの馬鹿野郎にもかけた方が良いと思いました。


I said, "Is this the man with the black BMW for sale?"
"Yes, it is."
"Can you tell me where I can see it?"
"Yes, I live at 1802 West 34th Street. It's a yellow house, and the car's parked right out in front."
"What's your name?" I asked.
"My name is Don Burgemeyer," he said.
"When's a good time to catch you, Don?"
"I'm home every evening after five."
"Listen, Don, can I tell you something?"
"Yes?"
"Don, you're an asshole." Then I hung up, and added his number to my speed dial, too. Now, when I had a problem, I had two assholes to call.

「”BMW売ります”の人ですか?」
「そうです」
「どこで、その車を見られるか教えて頂けますか?」
「はい、私は、1802 West 34th Streetに住んでいます。黄色の家です。車はその真前に止まっています。」
「お名前は?」
「私の名前はドン・バーゲマイヤーです。」
「いつだったら都合が良いですか?、ドン」
「いつも5時すぎに家にいます。」
「ドン、一つ言いたいことがあるんですけどいいですか。」
「はいどうぞ」
「ドン、君は馬鹿だ。」
そして、私は電話を切り、その番号も短縮ダイヤルに登録しました。
さて、問題は、二人も電話する’馬鹿’ができたことです。


But after several months of calling them, it wasn't as enjoyable as it used to be. So, I came up with an idea. I called Asshole #1.

しかし、数カ月、彼らに電話していると、以前ほど楽しくなくなりました。
そのとき、あるアイデアがひらめき、’馬鹿その1’に電話しました。


"Hello."
"You're an asshole!" (But I didn't hang up.)
"Are you still there?" he asked.
"Yeah," I said.
"Stop calling me," he screamed.
"Make me," I said.
"Who are you?" he asked.
"My name is Don Burgemeyer."
"Yeah? Where do you live?"
"Asshole, I live at 1802 West 34th Street, a yellow house, with my black Beamer parked in front."
He said, "I'm coming over right now, Don. And you had better start saying your prayers."
I said, "Yeah, like I'm really scared, asshole."

馬鹿1:「もしもし」
私:「ばーかっ!」(しかし、私は電話を切りませんでした)
馬鹿1:「まだ繋がっているのか?」
私:「つながってるよ」
馬鹿1:「俺に電話してくるな!」
私:「できるもんならやってみろ」
馬鹿1:「お前は誰だ?」
私:「俺の名前はドン・バーゲマイヤーだ。」
馬鹿1:「本当か、それじゃ、どこに住んでるんだ?」
私:「1802 West 34th Streetに住んでるよ。黄色の家だよ。家の前には俺のBMがとまってるよ、ばーかっ。」
馬鹿1「今からすぐ行くからな、ドン。お祈りでも唱えてろ!」
私:「OK。おー”恐い恐い”って感じだよ、ばーか」


Then I called Asshole #2.
"Hello?" he said.
"Hello, asshole," I said.
He yelled, "If I ever find out who you are!"
"You'll what?" I said.
"I'll kick your ass," he exclaimed.
I answered, "Well, asshole, here's your chance. I'm coming over right now."

そして、私は馬鹿その2にかけました。

馬鹿2:「もしもし」
私:「もしもし、ばーかっ!」
馬鹿2:「もしお前が誰か分かったらな...」
私:「分かったらどうするんだよ?」
馬鹿2:「ケツを蹴り上げてやる!!」
私:「よし、一つチャンスをやろう、今からそこに行ってやるよ、ばーかっ!」


Then I hung up and immediately called the police, saying that I lived at 1802 West 34th Street, and that I was on my way over there to kill my gay lover.

そのあと、電話を切り、すぐに警察に電話をかけ、「私は、1802 West 34th Streetに住んでいる。今からそこに、ゲイの恋人を殺しに行く」と言いました。


Then I called Channel 9 News about the gang war going down on West 34th Street.

それから、私はチャンネル9のニュースにWest 34th Streetでギャングの抗争があると電話しました。


I quickly got into my car and headed over to 34th street. There I saw two assholes beating the crap out of each other in front of six squad cars, a police helicopter, and a news crew.

NOW, I feel better. Anger management really works.

私は、すぐに私の車に飛び乗ると、34th streetに向かいました。そこでは、二人の’馬鹿’が6台のパトカー、警察ヘリ、そしてニュースのレポーターの前でお互いをぶちのめしているのを見た。

今やっと、気分が良くなった。’イライラ’の解消法がよく効いたようです。
Today's Tips
Caller ID
番号通知サービス
beat the crap out of
~をたたきのめす、~をひどくやっつける


出典:A-Grin-A-Day.Com

|

« Winnie The Pooh | Main | Hamburger Surprise »

Comments

あなたの友人はいつも、守ら風、霜、あなたが距離に留めておいが、私ができないなら、私は、私の体に来る風化それらを祈ります

Posted by: monster beats | 14.11.2011 at 04:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/178626

Listed below are links to weblogs that reference Anger Management:

« Winnie The Pooh | Main | Hamburger Surprise »