« Learning Adult Words | Main | British Hate Peace »

100th JOKE

記念すべき100個目のジョークは、お気に入りのブロンドジョーク二連発で。

お陰さまでコレを書いている時点で、英語学習ランキング13位になりました。

目標(10位)まであと14票です。皆様のご協力感謝します。

After a bizarre cliff side accident, all eleven members of the women's outing found themselves hanging perilously from a rope over the edge of the cliff. Ten of the women were blondes and one was a brunette.

崖っぷちで奇妙な事故が起こり、11人の女性は全て投げ出され、崖の端から垂れ下がる一本のロープにみんなぶら下がっていました。女性の10人はブロンドで、残りの一人はブルネットでした。


After dangling there for a only a short while it became obvious that the rope would not hold all their collective weight. They decided that to prevent the rope snapping and killing them all, one of them must sacrifice themselves and let go, to save the others.

少しの間ゆらゆらとぶら下がった後、そのロープが全員の体重を支えられないことが分かってきました。それで、ロープがちぎれて、みんなが死ななくて良いように、一人が犠牲になってロープを離し、他の10人を助けることにしました。


Well they talked about it for a while but no-one could decide a fair way of of choosing who should jump. Finally, the brunette, exasperated by the indecisiveness of the blondes, could see that if nobody acted soon the rope was going to snap.

しばらく誰が犠牲になるか話し合いましたが、公平に決める方法が決められませんでした。最終的に、ブルネットの女性が、ブロンドの優柔不断さに憤慨しつつ、すぐに決断しなければロープが切れてしまうと思いました。


To save the others she bravely decided that it must be her who made the sacrifice. She plucked up a little courage and told the others that she would jump to save them.

ブルネットは、他の女性を助けるために自分が犠牲にならなければならないと思いました。そして、彼女は、勇気を奮い起こして、ブロンドに自分が彼らを助けるために飛び降りると告げました。


After giving a short but very moving speech that she hoped would be remembered after she'd gone,

ブルネットは、自分が死んでも記憶に残るよう短いが感動的なスピーチをしました。すると、...

















the blondes were so moved that they all started clapping!

ブロンドの女性たちは、皆、感動のあまり拍手を始めました

ブルネット:「...」

なかなか、泣かせる良い話でした。 ;)
それでは、もう一つ。

A young blonde woman goes to an office for a job interview . The interviewer decides to start with the basics. "So, miss, can you tell us your age, please?" The blonde counts carefully on her fingers for about 3 seconds before replying "Ehh... 23!".

若い一人のブロンドの女性が就職の面接に行きました。面接官は基本的な質問から始めることにしました、
「それでは、お嬢さん、年齢を教えていただけますか?」

ブロンドの女性は、3秒ほど注意しながら指を数えてから答えました、
「えー...23歳です!」


The interviewer tries another straight forward one to break the ice. "And can you tell us your height, please?"
The young lady stands up and produces a measuring tape from her handbag. She then traps one end under her foot and extends the tape to the top of her head. She checks the measurement and announces, "Five foot three!"

面接官は、緊張をほぐすためにまた、簡単な質問をしました、
「それでは、身長を教えていただけますか?」

その女性は、立ち上がってハンドバッグからメジャーを取り出しました。そして、一方の端を足で踏んで頭までメジャーを伸ばし、目盛を読んで、言いました、
「5フィート3インチ(約160cm)です。」


This isn't looking good so the interviewer goes for the real basics. "And ehh, just to confirm for our records, your name please?"
The blonde bobs her head from side to side for about twenty seconds, mouthing something silently to herself, before replying "Stephanie".

今のは、あんまり良くない質問だったと思って、面接官は本当に基本的な質問をしました、
「えーと、それでは、ちょっと私どもの記録と照合したいので、あなたのお名前をおっしゃっていただけますか?」
そのブロンド女性は、20秒ほど頭を横に揺らしながら、口の中で聞こえないように独り言を言ってから、答えました、
「ステファニーです。」


The interviewer is completely baffled at this stage, so he asks "Just out of curiosity, miss. We can understand your counting on your fingers to work out your age, and the measuring tape for your height is obvious, but what were you doing when we asked you your name?"
"Ohh that!" replies the blonde,

この時点で、面接官は完全に困惑していました。そして、尋ねました、
「ちょっと興味があるのでお尋ねしますが、お嬢さん。年齢を指で数えたり、身長をメジャーで測るのは分かります、しかし、私どもが名前をお尋ねした時、何をなさったてたのでしょうか?」

ブロンドは答えました、
「ああ、それなら、...





















"That's just me running through 'Happy birthday to you, happy birthday to you...'"

"ハッピーバースデートゥーユー、ハッピーバースデートゥーユー...'って歌ってただけです。」

面接官:「...」

面白かったら、投票してくださいね! → コチラ

出典:Aardvark Archie's Guide to RUDE HUMOR

いゃー、ジョークって本当に素晴らしいですね。(水野春朗風に)

|

« Learning Adult Words | Main | British Hate Peace »

Comments

ブロンドねたはどれも大好きな訳ですが、拍手は特に受けました。ブロンドな方々を見ると、このBlogを思い出してしまう今日この頃です。

Posted by: kntmr | 24.05.2004 06:22 AM

> kntmr様

 コメントありがとうございます。
 ヨーロッパってあんまりブロンドの人はいないんですよね。
 知り合いに一人だけ美人でグラマー(死語)なブロンドの人がいますが、去年ベスト学生に選ばれて賞をもらってたので、ちょっとガッカリしました。:)

Posted by: poohotosama | 24.05.2004 04:31 PM

ブロンドのジョークは映画の中とかでも良く出てきますが、実際は優秀な方も多いですよね(当たり前ですが)

原文+訳をきちんと載せていらっしゃいますし、英語学習blogとしてもCOOLだと思います。ということでクリックしときました。

Posted by: kntmr | 25.05.2004 03:45 PM

> kntmr様

ありがとうございました。
そう言っていただけるとありがたいです。

Posted by: poohotosama | 25.05.2004 05:06 PM

http://www.caldwellpl.org/cplf/nike-air-max/sitemap-13.xml John Tгacchiа, 44, of 31 Rockdale Ave., Peabody, has pleaded not guilty to the charges and, through his laԝyеr, insisteԁ he did not bite the ԝoman or toss the Louis Vuitton pսrse, ԝhich, he said, had $300 of his own money inside.

Posted by: cheap louis Vuitton handbags | 01.10.2014 09:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 100th JOKE:

« Learning Adult Words | Main | British Hate Peace »