« April 2004 | Main | June 2004 »

20000

なんと、10,000HITからわずか1ヶ月半で20,000HIT達成です。

読者の皆様ありがとうございました!


嫁さん:「えっ、あそこの日記200万だったけど」

私:「...」

...

・・

気を取り直して、20,000Hitを記念して、過去の人気記事を振返ってみたいと思います。
(アクセス解析が3ヶ月しか保存されないので3ヶ月間のランキングです)

振り返って分かったことは、メインコンテンツのはずのジョークよりも、日記・つぶやきの方が人気があることです。
ちょっと悔しいので、ジョーク部門非ジョーク部門でそれぞれ10個ずつ発表します!

まずは非ジョーク部門から、

10位 Encouraging Geeks
 「腐女子」のちずさんが"オタク頑張れ!"と言ってたので、なんとなく書いた記事です。
 ガンダムSEEDのフェイズシフト装甲の科学的考察について検索に引っかかっているようです。

9位 Summer Time
 サマータイムに変わる瞬間を見逃したという日記です。
 そんなにサマータイムが珍しいですか?

8位 Alternative Dictionary
 スペイン語のスラングの一覧表と、各国語のスラングの載っている辞典の紹介。
 PAJEROって、スペイン語でどんな意味か知ってますか?
 コレを皆が知ったら、三菱自動車の人は踏んだり蹴ったりですね。

7位 The Blue Bird
 2ちゃんねる発信のハートウォーミングストーリーのフラッシュ紹介。
 あんど、BBCの'ひきこもり'ニュースについて。

6位 FCUK!
 イギリスのデザイナーブランドのTシャツにビックリした話。
 異常に検索に引っかかって、一時は、ぐーぐるでFCUKランキング1位になっていました。

5位 Completely Lost in Translation
 ロスト・イン・トランスレーションの感想(1回目)
 それと、アメリカ人のヨーロッパ人に対する考え方について

4位 I was lost in Translation
 ロスト・イン・トランスレーションの感想(2回目) 
 それにしても、スカーレット・ヨハンソンって可愛ですね、とても、こんな事するなんて信じられません。

3位 Nirvana
 人気のフラッシュゲーム「VIRIDIAN ROOM」のヒントを書いた記事。
 みんな、相当困っているようです。
 あなたも、チャレンジしてみませんか?

2位 Chelsea Flower Show
 なんと、一昨日書いた記事が、2位です。
 有名なサイトにリンクしてもらうと凄いですね。(ありがとうございました > eizo様)
 中身は、イギリスの園芸展示会のレポートです。
 何故、人気なのかは読んで下さい。 ;)
 

そして、注目(誰かしてる?)の1位は、

Continue reading "20000"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Loo of The Year

イギリスでは、1987年以降、毎年、BTA(British Toilet Association)主催の '公衆トイレコンテスト'が行われています。 (英国サバイバルガイド情報)

トロフィーは、便座の形だそうです。

> Loo of The Year

今年(2004年)の発表は、11月末です。

ということで、イギリス人はアホか?と思っていたら、アメリカ人も同じことを考えてました。
(AZOZ BLOG情報)
コチラの方が、ラグジュアリーな感じで、金が掛かってそうです。





という前置きでした。

それでは、本題の今日のジョークです。

There are two Eskimoes walking on an icy field.
One says to the other, "Do you know what 'ig' is?"
The other Eskimo replied, "No idea."
The first says, "That's ...

二人のエスキモーが雪原を歩いていました。
一人がもう一人に言いました、
「'イグ(ig)'って何か分かるか?」

もう一人のエスキモーは答えました、
「分からん。」

最初のエスキモーが言いました、
「イグっていうのは、...

Continue reading "Loo of The Year"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Driller Killer and Lord of the Raised Sword

小ネタさん風に爆笑動画の紹介。

超強力なハンドドリルの CM

> Drill Killer

凄すぎ。
でも、コレで売れるのかな?






えー手抜きです。そのとおりです。

コレだけで記事にするのはなんとなく気が引けるので、同じサイトで見つけたロード・オブ・ザ・リングのパロディー動画(15禁)
英語ですけど、大体分かると思います。

>  Lord of the Raised Sword

分からなかった人は、続きにあらすじを書いておきます。

Continue reading "Driller Killer and Lord of the Raised Sword"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

How did you die ?

敬愛するottoさんが少し前に、ストレス解消についてトラックバックを募集していましたが、今のところ(5/29現在)一人しか参加者がいなくて可愛そうなので参加してみます。 (このBLOGの方が読者が少なくてもっと可愛そうですが . . .)


私のストレス解消方法は、ずばりジョークを読むことです。

大学で、シミュレーションプログラムを組んでいるのですが、ループを何重にも作り過ぎて一回走らせると20分位計算が掛かってしまって暇になります(昔のパソコンだったら何時間も掛かってたかも)。
20分位って言うのが、何かをやるのに中途半端な時間です。
そこで、気の短い私はイライラしてしまうので、暇潰しにジョークを読みます。

また、以前紹介したジョークの学術的研究本によると、笑うことはストレス解消だけでなく健康にも良いそうです。

それでは、今日みつけたジョーク。


Three men were standing at the Pearly Gates. It had been a particularly busy day so Peter told the first one, "We're just about fullup at the moment so we're only going to admit people who've had particularly horrible deaths. What's your story?"

3人の男が天国の門に立っていました。その日は大変混んでいる日で、ピーター(天国の門番)は最初の男に言いました、
「只今天国は満パイなので、悲惨な死に方をした方だけを通します。あなたはどんな風に死にましたか?」


The first one replies, "Well, I'd suspected my wife of cheating on me, so today I came home early to try and catch her. As I came to my 25th floor apartment, I could tell something was wrong, but all my searching couldn't reveal where this other guy could be hiding.

最初の男は答えました、
「えー、私は妻が浮気してるんじゃないかと疑ってまして、それでいつもより早く帰宅し現場を押さえようとしました。私が25階のアパートに帰った時、明らかに何かがいつもと違うことが分かりました。しかし、いくら探しても、間男の居場所を突き止めることができませんでした。


So I went out to the balcony and sure enough, there was this bloke hanging off the railing. I was really mad so I started beating and kicking him, but he wouldn't fall off. So I went back to my apartment, got a hammer, and started bashing his fingers. He let go and fell, but he fell in the bushes, stunned but okay.

そこで、バルコニーにでると、やはりそこに、男が手すりのところにぶら下がっていました。私は、本当に頭に来ていたので、そいつを叩いたり、蹴ったりしました。しかし、そいつは落ちませんでした。それで、私は部屋に戻ってハンマーを持ってきて、男の指を叩きました。男は、手を離して落ちてましたが、茂みに落ちたので気を失っているもののまだ生きていました。


I was so angry I rushed into the kitchen, grabbed the fridge and threw it over the edge. It landed on him, killing him instantly. My wife, angry that I had killed him, came out to the balcony and shot me to death."

私は、非常に頭に来て、キッチンに行って、冷蔵庫を掴むと、バルコニーから男めがけて投げました。冷蔵庫は男のところに落ち、そいつは即死でした。私の妻は、私が男を殺したと言って、バルコニーに出てきて私を撃ち殺しました。」


"That sounds like a pretty bad death to me," said St Peter, so he let the man in.

ピーター聖人は言いました、
「それはひどい死に方だ。」
そして、最初の男は天国への入場を許可されました。


"It's been a very strange day," said the second man. "You see, I live on the 26th floor of an apartment building, and every afternoon I exercise on the balcony. Well today I fell off the balcony, but luckily, I managed to grab the railing of the balcony below. Suddenly, this madman ran out of his apartment and started kicking and beating me. Then he got a hammer and started smashing my fingers. I fell, but landed in the bushes, stunned but unharmed. Then a refridgerator fell out of the sky and landed on me, killing me."

二人目の男が言いました、
「全くおかしな日でした。えーっと、私はアパートの26階に住んでいて、いつも午後にバルコニーで体操をしていました。ところが今日、バルコニーから落ちてしまいました。幸い下のバルコニーの手すりを掴むことができました。すると、突然部屋からおかしな男がやってきて、私を蹴ったり叩いたりするのです。それから、ハンマーを持ってきて私の指を叩きました。私は落ちてしまいましたが、茂みに落ちたので気を失いましたが怪我はありませんでした。そしたら、空から冷蔵庫が私の上に落ちてきて、私は死んでしまいました。」


St Peter said, "Wow, you had a horrible death, okay go into Heaven."

ピーター聖人は言いました、
「おー、それはひどい死に方でしたね。よろしい天国へ行きなさい。」


The third man said,

三人目の男が言いました、 . . .

Continue reading "How did you die ?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

The Inter-Faith Discussion

日本人には、ユダヤ教とイスラム教って、なじみが無いですよね。 私も、コチラに来て初めて、イスラム教の人と知り合いになりました。 ユダヤ教の人は、よく見かけますが知り合いにはいません。

敬虔なユダヤ教徒は、その特徴的な帽子(イメージ)で一目で分かります。
そして、なんとなく"異質"な感じがします。

私は、ジョークを読み始めた当初ユダヤ教がらみのネタがよく分かりませんでした。
そこで、研究室の友人によく「何が面白いのか?」と尋ねていました。
お陰で、今は普通にジョークを"楽しめる"ようになりました。

という訳で、ユダヤ教ジョーク

Rabbi Goldberg, Father O'Reilly and Mullah Nasruddin are having a discussion about who is the most religious.

ラビ・ゴールドバーグ(ユダヤ人)、オライリー神父(キリスト教徒)、ムラー・ナスルディン(イスラム教徒)の3人が、"誰が一番宗教に熱心か"話していました。

"I was riding my camel in the middle of the Sahara," exclaims Mullah Nasruddin. "Suddenly a fierce sandstorm appeared from nowhere. I truly thought my end had come as I lay next to my camel while we being buried deeper and deeper under the sand. But I did not lose my faith in the Almighty Allah, I prayed and prayed and suddenly all around me, the storm started to die out. Since that day I am a devout Muslim and am now learning to recite the Quran by memory."

ムラー・ナスルディンが主張しました、
「私がサハラ砂漠でラクダに乗っていた時、突然、雷と嵐がどこからともなく起こった。
私は、自分の最期の時が来たと思って、ラクダの隣で横になった。
すると、砂が私とラクダをどんどん覆って行った。
しかし、私は全能なるアラーの神への忠誠心を無くさなかった。
私は祈り続けた。
すると、嵐は私の周りで突然消え始めた。
その時以来、私は敬虔なイスラム教徒になり、今ではコーランを暗唱するほどになった。」


"One day while fishing," begins Father O'Reilly, "I was in my little dinghy in the middle of the ocean. Suddenly a fierce storm appeared from nowhere. I truly thought my end had come as my little dinghy was tossed up and down in the rough ocean. But I did not lose my faith in Jesus Christ, I prayed and prayed and suddenly the storm started to die out. Since that day I am a devout Christian and am now teaching young children about Him."

オライリー神父が続きました、
「私が小船にのって大海原の真中にいた時、どこからともなく、突然、激しい嵐が起こった。
私の船は、荒れた海に大きく揺さぶられたので、本当に、自分の最期の時が来たと思った。
しかし、私はイエス・キリストへの忠誠心はなくさなかった。
私は祈り続けた。
すると、嵐は突然消え始めた。
その日以来、私は敬虔なクリスチャンになり、子供たちにイエス様の教えを説いている。」


"One day I was walking down the road," explains Rabbi Goldberg, "I was in my most expensive designer outfit in the middle of New York city. Suddenly I saw a big black bag on the ground in front. I put my hand inside and found a million dollars in cash. I truly thought my end had come as it was a Saturday and we are not allowed to handle money on Saturdays. But I did not lose my faith in Jehovah, I prayed for what seemed like many hours, ...

ラビ・ゴールドバーグが言いました、
「私は、ニューヨークの街中で一番高価なデザイナーブランドの服を着て歩いていました。
突然、目の前に大きな黒いカバンがおちているのを見つけました。
私は、その中に手を突っ込み、百万ドル入っていることが分かりました。
私は、本当に自分の最期の時が来たと思いました。
というのも、その日は土曜日で、我々(ユダヤ教徒)は土曜日にお金を扱うことを禁じられているからです。
しかし私はエホバの神への忠誠心をなくしませんでした。
私は何時間にも思える間、祈りつづけました、すると、...

Continue reading "The Inter-Faith Discussion"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

Chelsea Flower Show

嫁さんがAZOZ BLOGさんで紹介されていたChelsea Flower Showに行きました。

Chelsea Flower Showは、Royalとついているだけあって由緒正しい園芸展示会です。
イギリスの各地方からフラワーアレンジメントの展示が出品され、コンテストをやるということで、気合入りまくりです。
また、日本やニュージーランドなどの国々からも作品が出展されています。

嫁さんには、上の記事で紹介されていたボディペインティングの女性を是非探してきてくれと頼んでいました。

結果は、

Continue reading "Chelsea Flower Show"

| | Comments (60) | TrackBack (0)

Train Boy and Hermes Girl

結構いろんなところで取り上げられているので今更という気もしますが、2ちゃんねる発のハートウォーミングストーリーに感動しました。(もともとの発信源はやじうまWATCH等です)

電車男とエルメス女

まだお読みなっていない方は、是非お読み下さい

それにしても、2ちゃんねるは、前に紹介した「さよなら 青い鳥」など、たまに強烈にジーンとくる作品を生み出してくれます。


私の嫁さんも、エルメスが大好きで、今乗っている車(イギリスで買った中古車)よりも高価なカバンを複数持ってます。

私は、日本にいる時は仕事人間(本当ですよ)で、結婚式の前日も10時位まで残業してから実家に帰ったので、当日、目にクマを作ってました。結婚してからも、会社に泊り込んで2、3日家に帰らないことがしばしばあったので、嫁さんは慣れない社宅でずっと一人ぼっちでした。

そういうわけで、私はお金を使う暇がなく、嫁さんの相手をしてあげられない罪滅ぼしにある程度わがままを聞いてあげていました。
それが男の甲斐性と思ってました。

さすがに、カバンの値段を知った時は、気を失いそうになりましたが、私の同僚の中には、家に帰ると離婚届けが置いてあって、奥さんがいなくなってた人がいることを考えるとまだましです。

少し前に「悪徳不動産屋」さんのところでブランドものを持つ女性についての記事があって、自分達は思いっきり当てはまってるなと苦笑いしてました。

しかし、嫁さんがブランド好きで良いことも、1つだけありました。
それは、エルメスの本店がパリにあるので、私にヨーロッパに転勤して欲しいといつも言っていたことです。

一応ヨーロッパには支店があって、行くチャンスも無いわけではありませんでしたが、エンジニアの私は営業とかお客さんの相手が嫌いであんまり気が進みませんでした。そこで、駄目もとで、いつも”技術協力に行きたい”、”留学したい”と人事に言ってました。

幸い上司が推薦してくれたので、社内の留学選考試験を受けられることになったのですが、普段の仕事もあってなかなか試験(エッセイとTOEFL) の準備をやる気が起きませんでした。そこで、業を煮やした嫁さんが、家で’勉強しろ!勉強しろ!’と言ってたので、しかたなく勉強して、無事選考試験に受かりました。

お蔭で今の私があるわけです。
嫁さんは念願かなって、こちらに来てから、4 3回もパリに行って、ヨーロッパ中にあるエルメスの店もいつの間にかほとんど制覇しています。
ちなみに、パリには新婚旅行も含めて5 4回行ってますが、ルーブル美術館は入口までしか行ったことがないです。:)

追記:1回忘れてました。忘れれる位行ってるのか . . .

話は逸れましたが、上で紹介した話の続きが、ブランド物が原因で駄目にならないことを節に願っています(だって、エルメスのティーカップをポンと送るなんて . . .)。


あと、この話のまとめフラッシュがあったのですが、見られなくなってます。
誰か他で見られるところを知っていらっしゃる方がいたら教えて下さい!

追記:フラッシュの在処を教えて頂きました。 → '電車男'まとめフラッシュ

追記の追記:また、なくなりました。アクセスが集中したせいでしょう。
 すいませんでした。 > 中の人

一応、フラッシュを見た人で、バックに流れていたあの曲なっだたかなーという人のために、

> LOVE2000 / HITOMI

歌詞だけ知りたい人はコチラ

Thanx to kitayama様

私的には、「頑張って」のとこまでの'まとめ'が欲しいです。
また、ムーミンがお気に入りです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

I was gonna say that!

今日は、またも小鳥のさえずりで目が覚めました。 全然すがすがしくないです。強烈にうるさかった。

何故か二度寝ができないので、気晴らしにジョ-クを書いてみる。

10連発ジョークです。(でもオチは一つ)
すいませんが、我慢して最後まで読んで下さい。
そうすれば、6クスクス(10クスクス満点)位の'笑い'を提供できると思います。

There are two cows in a field.
One said:
"Moo."
The other one said:
"I was gonna say that!"

2匹の牛が野原にいました。
一匹が言いました、
「モー」
もう一匹が言いました、
それ言おうと思ってたのに!


There are two tigers walking through the jungle.
One turns to the other one and says:
"Gruurrr."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹の虎がジャングルを歩いていました。
一匹が言いました、
「グルルルルー」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two birds perched in a tree.
One turns to the other one and says:
"Cheep. Cheep."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹の鳥が木に止まっていました。
一匹が言いました、
「チュン、チュン」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two mice sitting in a field.
One turns to the other one and says:
"Eeeck. Eeeck.."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹のねずみが野原にいました。
一匹が言いました、
「チュウ、チュウ」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two salamanders sitting in a place where salamanders live.
One turns to the other one and makes a noise like a salamander.
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹のサラマンダー(火トカゲ)がサラマンダーの住んでいるところにいました。
一匹がサラマンダーのような音を出しました、
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two dogs sitting in the street.
One turns to the other one and says:
"Woof."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹の犬が通りに座っていました。
一匹が言いました、
「ワン」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two lions walking through the jungle.
One turns to the other one and says:
"Roar."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹のライオンがジャングルを歩いていました。
一匹が言いました、
「ガオー」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two cats sitting in a garden.
One turns to the other one and says:
"Meow."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹の猫が庭に座っていました。
一匹が言いました、
「ニャー」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two ducks in a pond.
One turns to the other one and says:
"Quack."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹のあひるが池にいました。
一匹が言いました、
「クワッ」
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


There are two British cows in a field.
One turns to the other one and says:
"Quack."
The other one says:
"I was gonna say that!"

2匹のイギリス産の牛が野原にいました。
一匹が言いました、
クワッ
もう一匹が言いました、
「それ言おうと思ってたのに!」


Because ..

何故なら、....

Continue reading "I was gonna say that!"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Circumcision Problems

昨日、宗教ジョークのカテゴリを作ったのには、ワケがあります。 新しいジョークサイトを発見したからです。 しばらくネタには困りません。 ;)

予備知識:circumcision 割礼
割礼が分からない人は、ココ(Wkipedia)をチェックしてから以下のジョークを読んでください。

David, Rabbi Goldberg's son, and Ali, Mullah Nasruddin's son, are having a conversation.

ダヴィド(ラビ・ゴールドバーグ(ユダヤ人)の息子)とアリ(ムラー・ナスルディン(イスラム教徒)の息子)が話していました。


Ali: Guess what?

アリ:「聞いてくれよ!」


David: What?

ダヴィド:「なんだよ。」


Ali: I'm getting operated on tomorrow.

アリ:「俺、明日手術を受けることになったんだ。」


David: What they gonna do?

ダヴィド:「何の手術?」


Ali: Circumcise me!

アリ:「割礼だよ。」


David: Man ... I had that done only a week after I was born!

ダヴィド:「ああ、...俺は、産まれて、たった一週間でやったよ!」


Ali: Did it hurt?

アリ:「痛かった?」

Continue reading "Circumcision Problems"

| | Comments (32) | TrackBack (0)

At the Pearly Gates

ジョークも増えてきたので、新しいカテゴリを新設しました。 → Jokes(Religion) (以前の宗教ネタは、逐次このカテゴリに移します。)

やはり、キリスト教は、英語とは切っても切れない関係なので、ジョークにとって重要なファクターなのです。

そして、世界の戦争の原因も宗教が元になっている場合が多いです。
Zガンダムでライラ大尉がカミーユに撃たれるときに言っていたように、相手のことが分からない不安感が、そのうちに憎しみに変わり、戦争に発展していくのです。
(Zガンダムの時は、宗教じゃありませんでしたけど。)

ジョークで他の宗教のことを学んでXenophobia(異文化恐怖症)を克服し、戦争をなくしましょう!!

それでは、今日のジョークです。

A woman arrives at the Pearly Gates and finds St. Peter is not there, but a computer terminal is sitting next to the arch.

ある女の人が天国の門にたどり着きましたが、ピーター聖人(天国の門番)はいませんでした。
代わりに、コンピュータの端末がアーチの横にありました。


She walks up to it and sees, "Welcome to www.Heaven.com. Please enter your User ID and Password to continue."

彼女はそのコンピュータに歩いて向かっていくと、画面には、
www.Heaven(天国).comへようこそ! ユーザーIDとパスワードを入力して下さい。」
と表示されていました。


She doesn't have either, but underneath the fields is a small line reading:
"Forgot your ID or Password? Click Here." So she does.

彼女は、どちらも持っていませんでしたが、入力するところの下に注意書きがありました、
「IDやパスワードを忘れた方はここをクリック。」

彼女は、クリックしました。


Up pops a screen that reads, "Please enter at least two of the following, and your password and ID will be e-mailed to you." The fields included "Name," "Date of birth," "Date of death," and "Favorite Food."

スクリーンがポップアップし、
「次の項目の内、二つ以上を入力して下さい。その後、あなたのパスワードとIDがメールで送付されます。」
と書いてありました。
項目には、以下のものがありました、
「名前」、「生年月日」、「死亡月日」そして「好きな食べ物」


The woman enters her name and date of birth, and clicks "Submit."

その女性は、名前と生年月日を入力し、"送信"をクリックしました。


Up pops another screen that reads, "We are sorry, we did not find a match in our database. Would you like to register?" So the woman clicks the button marked "Yes."

別のスクリーンがポップアップして、そこには、
「もしわけありませんが、私共のデーターベースに該当がありませんでした。登録しますか?」
それで、女性は"Yes"と書かれたボタンをクリックしました。


A long and detailed form appears on the screen, and the woman spends some time filling it out. Then she clicks the "Submit" button.

すると、長ーい、詳細な入力フォームがスクリーンに現れました。
そして、その女性は時間を書けて、フォームを入力し、"送信"ボタンをクリックしました。


Now she is faced with a screen reading, "We are sorry, this service is temporarily unavailable; please try again later."

今度は、スクリーンに次のように表示されました、
「申し訳ありません。ただいま一時的にサービスが停止しております。
後ほど、もう一度お願いします。」


There is a button marked "Back." She clicks it.

そこには、"戻る"ボタンがありました。
彼女はそれをクリックしました。


A new page appears.

新しいページが現れました。 . . .

Continue reading "At the Pearly Gates"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

The Bar Story

このところジョークを書いてなかったのは、ネタがなかったからではありません。

ココログの下書きには、たくさんのネタがたまっています。

と言うわけで、英語のお勉強の時間です。;)


This guy goes to a bar that's on the tenth floor of a hotel.
He sits down and has a couple of drinks, then stands up, announces loudly that he has had enough, and goes over and jumps out the window.

男がホテルの10階にあるバーに行きました。
彼は、席に座って何杯か飲んだ後、立ち上がると、"もう十分飲んだから、あっちに行って、飛び降りる!"と大声で告げると、窓から飛び降りました。


Now, there are two men who are sitting at a window table, and having that natural human curiosity about the grotesque, watch as this man plummets to certain death.
However, just as he is about to hit the ground, he rights himself, pulls his feet underneath himself, and lands gracefully.
He then turns and comes back into the building.
Naturally, the two men are amazed.

その時、窓際の席に二人の男が座っていました。二人は、その男飛び降りたら、死ぬのは避けられないと思っており、グロテスクなシーンが見れると興味深々でした。
しかし、その男が地面に着く寸前、姿勢を戻し、ひざを抱えて優雅に着地しました。
そして、彼は振り向くと、ホテルの方に戻りました。
当然その二人はビックリ仰天していました。


The guy comes back into the bar, orders a few drinks, then repeats the process.
The two men at the window seat are astounded!

その男は、バーに戻ってくると、何杯か注文して、そして同じことを繰り返しました。
窓際の二人は、非常に驚きました。


When the guy returns and repeats the procedure AGAIN, the two men stop him before he jumps and ask him how on earth he does that.
He replies "It's simple, really. There's an air vent down by the ground, and if you catch the updraft, you can right yourself and land on the ground with no problems."
Then he proceeded to jump out the window again.

男が戻ってきて、もう一度同じことを繰り返した時、二人は、その男が飛び降りる前に呼びとめて、どうやっているのか尋ねました。
彼は、答えました、
「簡単さ。地上付近に空気の流れがあるんだよ。うまいこと、上向きの風を使えば、君だって、姿勢を正して、問題無く地面に降りられるさ。」
そして、男は、また窓から飛び降りました。


Well, these two men decided that they just HAD to try this, so they jumped out the window, and SPLAT! -- made a mess hitting all over the ground.
Meanwhile, the first guy has made it back up to the bar.
When he sits down to order his drinks, the bartender says

それで、その二人は"自分達もやってみないといけない"と考えて、窓から飛び降り、




グシャ!
地面は悲惨な状態になりました。

そのころ、最初の男がバーに戻ってきていました。
彼が座って、飲物を注文した時、バーテンは言いました、 . . .

Continue reading "The Bar Story"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Blue Cave

先週、イタリアに行きました。

目的はもちろん、ジョジョのポーズを決めに行くこと



























ではなく、青の洞窟を見るためです。

青の洞窟(スパゲッティ)

(写真は何の関係もありません。)






今回は、2泊3日でナポリ~ポンペイ~ソレント~カプリ島という、いつも通りの子連れとは思えない超過密スケジュールにチャレンジしました。


まずは、ナポリに着いてホテルにチェックインした後、ポンペイに行きました(電車で40分くらい)。

ポンペイでは、ジョジョでおなじみ(第2部までしか読んだことないので本当は知りませんでしたが...)の'猛犬注意'のモザイク画に感動し、

Dog_Warning





ソレントでは、"帰れソレント"を歌い(嘘です)、ホテルに帰りました。

sorrento.jpg

ソレントに沈む夕日と娘




そして、2日目、本命のカプリ島に船で行き、カプリサラダとピザカプリチョーザ(※)を食べました。

※カプリチョーザは、カプリ風ではなくて'気まぐれ風'という意味です。英語のcapriciousの語源。
ということは、昔ジャンプで連載しいた"きまぐれオレンジロード"は、"Arancia Strada Capricciosa"かな?




その後、ついにあの青の洞窟(Grotta Azzurra)にたどり着きました。
入り口が狭くて、ビックリしました。
また、出る時は、なんだかいきなり広い晴れた空の下に出たので、'産まれた'みたいな感じがしました。

grotta_azzurra.jpg

本当に人工着色料のように青くて、すごく綺麗でした。
ついでに、昔見たチェレンコフ光を思い出しました。

でもオーロラには負けるね。





それから、ナポリに帰りました。

やはり、ナポリといえば、

maradona.jpg

早く養生して元気になってください。(関連記事)

そして、驚くべき発見!!(ごく一部の方にとって)

























doremi.jpg
イタリアでも放映しているようです。





というわけで、ナポリはスリや引ったくりが多く危険な街で、私もスリに会いそうになりましたが、キッと相手を睨んで難を逃れ、無事に帰って来れました。
睨まれた人は、そそくさとバスを降りていきました。
こっちをバツが悪そうに見ながら、フェイドアウトしていくように後ずさって行ったのが非常に面白かったです(ちょっと恐かったですが)。

総じて、ナポリは二度と行きたくないですが、行って良かったです。





最後にことわざを、

See Naples and then die.

ナポリを見て氏ね。

日本のことわざにも同じようなのがあって、

日光を見ずに結構と言うな。







へぇ~
(今一瞬でも心の中で、こう言った人はクリック!)

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Study English Summary

毎日少しですが、英語学習ランキングから間違えてこのブログを訪れて下さる人がいらっしゃるようなので、「詐欺じゃないか!!」と言われる前に、以前書いた私の英語学習方法のまとめを書いておきます。

1.リーディング → Study English

2.ボキャブラリー → Study English 2

3.リスニング → Study English 4

4.ライテイング → Study English 5

そして、英語学習に対する私の考え方 → Study English 3

番外編:プレゼンのテクニックについて → Study English 6

これだけ見ると、凄くアカデミックなブログのようですね。:)

もし、語学以外を目的に英国留学に興味のある人がいれば、続きに耳寄り(?)情報を

Continue reading "Study English Summary"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

British Hate Peace

タイトルは、別に"イギリス人が平和を嫌い'ということではありません。

折角、英語学習ランキングに参加しているので、たまにはマジメな話を。

英語を勉強している人は、語学は文化の一部だということを意識しているでしょうか?

TOEFLでは学生生活に関する問題が多いので、アメリカの生活習慣を知っていると簡単になる問題がたまにあります。TOEICは、ビジネスに関する話題が多いので、そういうボキャブラリーを中心に憶えておくと高得点が取れます。

しかし、実際の生活では、もっと英語のバックグラウンドの文化に対する知識が必要になります。

そこで、本題です。
イギリスでは、ピースサイン(Vサイン)をするのは、行儀が悪い行為なのを知ってますか?
なんと、イギリスでは、ピースサインは、中指を立てるのと同じなのです。
(正確には、手の甲を相手に向けてVサインすることが駄目です)

この起源は、弓矢を射るときに人差し指と中指を使ったことから、相手への挑戦を意味するそうです。

ということで、お店で物を二つ頼む時にも注意しましょう。
日本人は"2"を示す時、人差し指と中指を使いますが、イギリスでは親指と人差し指です。

私も1年くらい、こちらで暮らした後に偶然知りました。

ジョークも、こういった文化的な素地がないと分からないものが多くあります(例えばコレ)。
そういう意味で、ジョークは英語を勉強する上で有効なのです。 

ためになりましたか? ;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100th JOKE

記念すべき100個目のジョークは、お気に入りのブロンドジョーク二連発で。

お陰さまでコレを書いている時点で、英語学習ランキング13位になりました。

目標(10位)まであと14票です。皆様のご協力感謝します。

After a bizarre cliff side accident, all eleven members of the women's outing found themselves hanging perilously from a rope over the edge of the cliff. Ten of the women were blondes and one was a brunette.

崖っぷちで奇妙な事故が起こり、11人の女性は全て投げ出され、崖の端から垂れ下がる一本のロープにみんなぶら下がっていました。女性の10人はブロンドで、残りの一人はブルネットでした。


After dangling there for a only a short while it became obvious that the rope would not hold all their collective weight. They decided that to prevent the rope snapping and killing them all, one of them must sacrifice themselves and let go, to save the others.

少しの間ゆらゆらとぶら下がった後、そのロープが全員の体重を支えられないことが分かってきました。それで、ロープがちぎれて、みんなが死ななくて良いように、一人が犠牲になってロープを離し、他の10人を助けることにしました。


Well they talked about it for a while but no-one could decide a fair way of of choosing who should jump. Finally, the brunette, exasperated by the indecisiveness of the blondes, could see that if nobody acted soon the rope was going to snap.

しばらく誰が犠牲になるか話し合いましたが、公平に決める方法が決められませんでした。最終的に、ブルネットの女性が、ブロンドの優柔不断さに憤慨しつつ、すぐに決断しなければロープが切れてしまうと思いました。


To save the others she bravely decided that it must be her who made the sacrifice. She plucked up a little courage and told the others that she would jump to save them.

ブルネットは、他の女性を助けるために自分が犠牲にならなければならないと思いました。そして、彼女は、勇気を奮い起こして、ブロンドに自分が彼らを助けるために飛び降りると告げました。


After giving a short but very moving speech that she hoped would be remembered after she'd gone,

ブルネットは、自分が死んでも記憶に残るよう短いが感動的なスピーチをしました。すると、...

















the blondes were so moved that they all started clapping!

ブロンドの女性たちは、皆、感動のあまり拍手を始めました

ブルネット:「...」

なかなか、泣かせる良い話でした。 ;)
それでは、もう一つ。

A young blonde woman goes to an office for a job interview . The interviewer decides to start with the basics. "So, miss, can you tell us your age, please?" The blonde counts carefully on her fingers for about 3 seconds before replying "Ehh... 23!".

若い一人のブロンドの女性が就職の面接に行きました。面接官は基本的な質問から始めることにしました、
「それでは、お嬢さん、年齢を教えていただけますか?」

ブロンドの女性は、3秒ほど注意しながら指を数えてから答えました、
「えー...23歳です!」


The interviewer tries another straight forward one to break the ice. "And can you tell us your height, please?"
The young lady stands up and produces a measuring tape from her handbag. She then traps one end under her foot and extends the tape to the top of her head. She checks the measurement and announces, "Five foot three!"

面接官は、緊張をほぐすためにまた、簡単な質問をしました、
「それでは、身長を教えていただけますか?」

その女性は、立ち上がってハンドバッグからメジャーを取り出しました。そして、一方の端を足で踏んで頭までメジャーを伸ばし、目盛を読んで、言いました、
「5フィート3インチ(約160cm)です。」


This isn't looking good so the interviewer goes for the real basics. "And ehh, just to confirm for our records, your name please?"
The blonde bobs her head from side to side for about twenty seconds, mouthing something silently to herself, before replying "Stephanie".

今のは、あんまり良くない質問だったと思って、面接官は本当に基本的な質問をしました、
「えーと、それでは、ちょっと私どもの記録と照合したいので、あなたのお名前をおっしゃっていただけますか?」
そのブロンド女性は、20秒ほど頭を横に揺らしながら、口の中で聞こえないように独り言を言ってから、答えました、
「ステファニーです。」


The interviewer is completely baffled at this stage, so he asks "Just out of curiosity, miss. We can understand your counting on your fingers to work out your age, and the measuring tape for your height is obvious, but what were you doing when we asked you your name?"
"Ohh that!" replies the blonde,

この時点で、面接官は完全に困惑していました。そして、尋ねました、
「ちょっと興味があるのでお尋ねしますが、お嬢さん。年齢を指で数えたり、身長をメジャーで測るのは分かります、しかし、私どもが名前をお尋ねした時、何をなさったてたのでしょうか?」

ブロンドは答えました、
「ああ、それなら、...


Continue reading "100th JOKE"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Learning Adult Words

英語学習ランキングでトップ10を狙う企画 第2回。

一応英語学習ということで、ちょっとはためになるジョークを。

面白かったら、投票よろしくお願いします(しつこいですが)。

The kindergartners were now in first grade. Their teacher wanted them to be more grown up since they were no longer in kindergarten. She told them to use grown up words instead of baby words. She then asked them to tell her what they did during the summer.

幼稚園児が今度1年生になりました。
先生が、もう幼稚園児じゃないんだから、もっと'大人'になって欲しいと思ってました。
それで、先生は赤ちゃん言葉を使わないで、大人の言葉を使うように言いました。
そして、"夏休み(欧米は9月が学期初め)に何をしましたか?"と聞きました。


The first little one said he went to see his Nana. The teacher said, "No, no, you went to see your Grandmother. Use the grown up word."

最初の子が言いました、
ばぁちゃんに会いに行きました。」

先生は言いました、
「違うでしょ、"おばあさんに会った"でしょ。大人言葉を使いなさい。」


The next little one said she went for a trip on a choo-choo. The teacher again said, "No, no, you went on a trip on a train. That's the grown up word."

次の子が言いました、
ポッポーにのって、旅行に行きました。」

先生はまたしても言いました、
「違う、違う。"列車に乗って旅行に行った"でしょ。それが、大人言葉よ。」


Then the teacher asked the third little one what he did during the summer. He proudly stated that he read a book. The teacher asked what book he had read. He puffed out his chest and in a very adult way replied,

それから、先生は3人目の生徒に夏休みに何をしたか聞きました。
その男の子は、自慢げに言いました、
「本を読みました。」

先生は聞きました、
「何の本を読みましたか?」

男の子は胸を張って、大人びた感じで答えました、...



Continue reading "Learning Adult Words"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Towards The Top Ten

あとジョーク3つで100個になります(抱き合わせジョークは除く)。

そこで、今トップ20に入っている英語学習ランキングでトップ10を狙うことにしました。
(全然関係ありませんが...)

最近どうも大人のジョークが続いていたので、普通のジョークをどうぞ。
面白かったら、ランキングに投票お願いします。;)

昨日ビールに関する記事をかいたので、ビールに関するジョークです。

A man in the pub orders a beer. He gets his beer and begins to drink it when he notices that the beer is kind of warm. So he mentions it to the bartender, who tells him to shut up and just drink his beer.

ある男がパブに入って行ってビールを注文しました。
ビールをもらって飲み始めると、ビールは少しぬるかったのです。
それで、バーテンに"ぬるい"と文句を言うと、そのバーテンは"黙って飲め!"と彼に言い放ちました。


Then it is time to pay and instead of giving three one-pound coins to the bartender, the guy throws 30 10-pences behind the counter.

そのあと、勘定を支払う時に、1ポンド玉を3枚渡す代わりに、10ペンス玉を30枚カウンターの後ろに放り投げました。


The bartender is pissed, and is on his hands and knees collecting change as the guy leaves.

バーテンは怒りました。そして、彼が四つん這いになって小銭を集めているうちにその男は、帰ってしまいました。


The next day the man is back, and he comes in waiving a £5 bill.

次の日、またその男が戻ってきました。
彼は、5ポンド札をひらひらさせながら入ってきました。


The bartender thinks, "Okay, business is business,"and lets him in.
Again, the beer is kind of warm, but the guy doesn't say anything.

バーテンは思いました、
「まあ良いだろう。商売は商売だ。」

そして、その男を店に入れました。
またも、ビールは少しぬるかったのですが、その男は何も言いませんでした。


Comes time to pay, the man gives him the £5 bill.
The bartender goes to the register to get the change, but instead of taking out two 1-pound coins, he takes out 20 10-pences and throws them all around the entire pub.

支払いの段になって、男は5ポンド札を渡しました。
バーテンは、釣りを取りにレジに行って、1ポンド玉を2枚取る代わりに、20枚10ペンス玉を取り出し、店中にばらまきました。


The bartender says, "Here is your damn change."
The man looks around and remains quite calm.

バーテンは言いました、
「ほらよ、釣りだ!」
しかし男は、当たりを見回し、平静を保っていました。
そして、...


Continue reading "Towards The Top Ten"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Proxy Father

何を間違ったか、このブログを英語学習ランキングに登録してから、1週間足らずでベスト30入りしています。

みなさんが活きた英語を学べてボタン(サイドバー中ほど)押して下さっていると信じて、"英語の奥の深さ"を知ることのできるジョークを。

テーマはダブルミーニングです。

※申し訳ありませんが、15禁です。
中学生以下の人は、大きくなってから活きた英語を勉強して下さい。

Continue reading "The Proxy Father"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

An Englishman and an Irish man

大人のジョーク。

お互いの民族性を代表しているわけでは有りませんが、イングランド人とアイルランド人のジョークです。
(少なくともアイルランド人はイングランド人に好感を持っているとは思えないですが...)

An English landowner and his Irish manservant ran into each other in hell one day. "My lord," the Irishman exclaimed, "What are you doing here?"

イギリス人の地主とアイルランド人の召使いが、ある日、地獄で出くわしました。
そのアイルランド人はビックリして叫びました
「ご主人様。いったいこんなところで何をなさっているのですか?」

The landowner sighed. "I'm here because I lied, cheated, and stole to pay the debts run up by that playboy son of mine. But you were a faithful, loyal servant. Why are you here?"

地主は、ため息をついて言いました、
「私がここにいるのは、嘘をついて、人をだましてお金を盗んできたからだ。
それというのも、プレイボーイの息子の作った借金を返すためなんだよ。
ところで、忠実な召使の君がどうしてここにいるんだ?」

Continue reading "An Englishman and an Irish man"

| | Comments (711) | TrackBack (0)

Amster Beer

こんにちは(日本時間に合わせて)

意味無く更新をサボっていたpoohotosamaです。
新しいジョークも無いのに毎日、見に来て頂いて(約半数が検索エンジン経由ですが)、本当にありがとうございます。

最近、天気が良い日には、パブの外の芝生でみんなビール片手に楽しんでいます。
夏時間のせいで、9時過ぎまで明るいので、非常に気持ちよくビールが飲めます。

こちらにきてから、ギネス(黒ビールの代名詞)が好きになりました。
日本にいるときは、ドライが好きでしたが、今はギネスが一番になりました。
もともとギネスは、冷やして飲まないものだったそうです(温度がある程度高い方が味が活性化されるという理由で)が、いまはギネス・エキストラ・コールドと言うのがあり、大抵それを飲みます。
初めは、キンキンに冷えたビールののど越しを楽しめ、最後の方は、ぬるくなって本来の味わいが楽しめて1杯で2度美味しいビールです。

と言う訳で、イギリス人はビールが大好きです。

でも、コレ(動画、音あり)を見て、オランダ人の方がもっとビールが好きなんだと思いました。
オランダではビールがとても大切にされているようです。 ;)

私も先月、オランダに行った時、Amster Goldというビールを飲みましたが、エビスをもっと濃厚にしたような麦の甘味が強い美味しいビールでした。

今や世界のビールを買える酒屋もあるそうなので、是非お試しあれ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Fallen People

大人のジョークです。 明日から、週末までしばらく更新しません。
There was an old priest who got sick of all the people in his parish confessing to adultery.

あるところに一人の年老いた牧師がいました。
彼は、教区の人々があまりにも不倫について懺悔しにくるので嫌になっていました。


One Sunday, in the pulpit, he said, "If I hear one more person confess to adultery, I'll quit!"

ある日曜日のこと、説教壇で牧師は言いました、
「もし、誰かまた不倫を懺悔しに来たら、私は辞める」


Well, everyone liked him, so they came up with a code word. Someone who had committed adultery would say instead that they had 'fallen.'

みんな、牧師のことが好きだったので、合い言葉を決めました。
不倫した人は、そう言う代わりに、”堕落した(fallen)”と言うことに決めました。


This seemed to satisfy the old priest and things went well until the priest passed away at a ripe old age.

これによって、年老いた牧師は満足しました。そして、彼が老衰でなくなるまで万事うまく行っていました。


A few days after the new priest arrived, he visited the mayor of the town and seemed very concerned.

新しい牧師がやってきた数日後に、市長を訪れました。
彼は非常に困惑している様子でした。


"Mayor, you have to do something about the pavements in town. When people come into the confessional, they keep telling me they've fallen."

「市長、街の歩道をなんとかしないといけないですよ。みんな、懺悔しにきた時に、”転んだ(fallen)”、”転んだ”と言うんですよ。」


The mayor started to laugh, realizing that no one had told the new priest about the code word.
But, before he could explain, the priest shook an accusing finger at him and shouted, "I don't know what you're laughing about, those curb-stones must be a death-trap,

市長は、誰も新しい牧師に合い言葉のことを話していないことが分かって、笑い始めました。
そして、市長がそのことを説明するのを待たず、牧師は、市長のことを指差して非難しながら大声で言いました、
「笑っている場合じゃありませんよ、 あの縁石は、きっと危険ですよ。だって、. . .

Continue reading "Fallen People"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100 Questions 1

DJはこんなものをたまに買うでottoさんが、100の質問に答えるという企画をされていたので、私も挑戦します。ottoさんのやっていた質問は、ちょっと恥ずかしいので、

ジョークサイト開設者に100の質問

をやってみます。10個ずつ10回でやりたいと思います。

それでは、第1回どぞ!
Q1.あなたのハンドルネームを教えて下さい。 その由来がありましたら教えて下さい。
A1.poohotosama 以前コメントでも答えましたが、嫁さんが私のことを’プー’と呼び、娘に’お父様’と呼ばせているので、合わせてpoohotosamaです。
という訳で、’poohotosama様’は’プーお父様々’になるので、様はつけないで下さい。
呼び捨てでも既に敬称つきです ;)

Q2.あなたのサイトの名称はなんですか? その由来がありましたら教えて下さい。
A2.まんま、Poohotosama's diaryです。
純粋な日記が無いのは気のせいです。
日記才人」に登録してて良いんでしょうか?

Q3.サイトを開設してからどのくらい経ちますか?
A3.4ヶ月半です。
一応ココログ開始1日目からやってます。
一番最初の投稿は、御多分に漏れず’テスト’でした。

Q4.サイト開設のきっかけはなんですか。
A4.留学の記念に始めました。
初めは本当に日記を書くつもりでしたが、ネタに詰まって書いたジョークに初コメントを頂いたのがうれしくて、その後調子に乗って続けてる次第です。

最初にコメントを下さった kyorecobaさんありがとうございました。
そういえばコメントの返事書いてませんでした。4ヶ月経ってますけど、この場でお礼申し上げます。

しかし、今見ると開始当初の記事はこっ恥ずかしいですね。

Q5.ページ作成においてどういったソフトウェアを使用していますか?
A5.普段は直接タグを書き込んでますが、長文を書く時は、emacs(Linux)とスタイルノート(Windows)を使用。
ちなみに、ジョーク紹介用テンプレート作ってあります。(世界で私だけじゃないかな?)

Q6.あなたのサイトはテキストとビジュアルのどちらに重きを置きますか?
A6.密かにビジュアル系を目指してます。

Q7.ページ作り、サイト運営の際に注意することはなんですか?
A7.
・コメントに返事を書く。(最初は、恥ずかしくて書けなかったんですよ。ほんとに。)

・読み込み時間短縮のため、でかい画像は使わない!(これジャングルの常識!)
JAVA script貼り過ぎたら同じというツッコミが来そうなので、前もって反省。
また、密かに巨大なCSSを使っていることも秘密。

・’ぐーぐる’に嫌われないようにする(ぐーぐる八分恐怖症です)

・記事のテーマを事前にググッて、二番煎じでないことを確認する。
もちろん、今回のようにわざとやる場合もありますが。
(たまに、有名サイトよりも先に情報を発見 or 記事にしてると’ふっ’と鼻で笑って悦に入ってます。)

・日本の会社の人にこのブログが見つからないように注意する(もう見つかってる?)

・誤字・脱字
それでも、たまにある注意力散漫な私。
見つけたらこそっと教えてください

Q8.ページの内容やデザインなどで、参考にするもの、手本にするものがあれば教えて下さい。
A8. ココを読みました。(全部は実行してませんが. . .)

Q9.サイト作成して失ったものはなんですか?
A9.月並みですが睡眠時間。

Q10.逆にサイト作成して得たものはなんですか?
A10.今これを読んでくださっている読者の皆さん。

そして、コメントスパム、トラックバックスパム
あと、スパムメールも激増した。


やっと終わりです。ふぅー。

結構しんどかった。

第2回に続く(はず)

| | Comments (28) | TrackBack (0)

Joke Blogs

今日は結局夕方まで嫁さんが帰ってこなかったので、一日中娘の相手をして過ごしました。

娘は良い子にひとりで遊んでいたので、手持ち無沙汰になり、ブログで英語のジョークを扱っている人がいないかチェックして見ると


  いました。

こんなニッチな分野にいました。

一応英語ジョークのポータルサイトと銘打っているので、他のブログについても紹介します。
ただし、普通のホームページのジョークサイトはどこかで紹介されてるだろうし、今更って感じなのでパスです。

実際やってみると、くやしいことにぐーぐるの検索でココより上に表示されるのです。
日本のブログ界で英語ジョークサイトを最初に始めたと自負していたのに、ちょっとショックでした。

それでは、気を取り直して、栄えあるぐーぐる検索「ブログ ジョーク」部門一位は、

> ジョークで英語学習/英語的生活ブログ

さんです。

「ジョークで英語学習」筆者による英語的生活をブログで、ぶらぶらと綴っていきます。

と言うことで、本家「ジョークで英語学習」というサイトでジョークのメールマガジンを発行されている方のブログです。
私もメールマガジンに登録しました(今後ネタが被らないように)。
各ジョークには、要点が書いてあるので、英語の勉強には持ってこいでしょう。

私も、昔は英語の要点を書いていましたが、誰からも反応がないし、一々テーブルタグの設定するのが面倒になったので止めました。

私のブログとの大きな違いは、変な前置き、あとがきがなく純粋にジョークで英語を学べるというところでしょう。
それと、まだ全部見てませんが、低俗なジョークも無いようです。

 
 

そして、「blog joke」部門一位は、

> life is a joke

さんです。こちらも、メールマガジンを発行されています。
サブタイトルに

英語、または、英訳されている名言、名句、冗句、諺などを配信しているメルマガのウェッブログ。

とあるので、ジョークというよりは、QUOTE(格言)が主ですね。
アリストテレスとかソクラテスとかの重みのある言葉の数々です。
哲学者と言うものは、元来ひねくれた考え方をするもので、時にその言葉はジョークに聞こえるのでしょう。

ところで、「冗句」っていう日本語は、英語のジョークからできた言葉なんでしょうか?


 
とりあえず今回2つ見つけました。

他にも有ったら教えてください。

それにしても、SEOをやった割りに検索で上位に出ないことが分かってガッカリしました。
やはり、タイトル英語のみっていうのが不利なのです(と軽く言い訳してみる)。
しかし、他のブログとの差別化を図るためにも、この方針は継続していきます。

あとメールマガジンを贈ると読者が増えそうなことが分かりました。
検索結果にずらーっとメールマガジン関連のリンクが並んでました。

ジョークなんてわざわざリンクを開いて読むほどのものでは無いと言うことでしょう。 :-<

追記:4/Jun/2004

もう一つ、blog-gold経由で一つ見つけました。

英語の名言めぐり

最初に紹介した、「ジョークで英語学習」さんの影響で英語ジョークの紹介を始められたようです。
ジョークはまだ一つだけしか無いようですが、これから増やされることを期待しています。

そして、またまたサブタイトルに

英語の名言を配信している複数のメルマガから、気に入った名言をピックアップして紹介します。

ということで、なんとなくハイソな香りがします。
しかし、ジョークについては一発目からかなりエグいジョークなので、私も負けないように頑張りたいと思います。 ;)


追記:28/JUN/2004

またまた、嫁さんが留守で、娘の相手をしている時にみつけたジョークサイト。
今回は、BlogPeopleガチャガチャブログで見つけたサイト。

> SoCal Cul-de-sac

アメリカ・サンディエゴ在住(アメリカ国籍保持!!)のTweetyさんのブログです。
かなりバラエティーにとんだジョークを紹介されています。
今日の大喜利カテゴリにジョークがあります。

”う”っ”、実は凄いコメント数。このブログよりも、質の高いジョークかもしれません。
負けないように頑張らなくては!

ところで、ドブログって、ドブログ内のつながりがすごいですね。


追記:30/JUN/2004

検索エンジン経由で、このブログを発見してくださったジョークブログ

我は己に問う。

本家「有限会社宝石鉱山」のMadGentsさんのブログです。
今のところ、日本語訳だけのようですが、英語ジョークを味わう分には問題なし!です。
本家の方の”なぜなにシリーズ”が、脱力系で面白いです。なんとなく、シニカルでシュールな感じが良いです。

以降、逐次追加予定

最後に"ジョークで英語学習/英語的生活ブログ"さんのところで見つけた英語学習ランキングに登録しました。
ジョークを読んでためになった、面白かったという人は、ポチっと押してやってください。
(サイドバーの中ほどにあります)

また、このブログをやり始めた当初、調子に乗って英語の勉強方法についても書いたことがあります。
主にTOEFL対策になってますが、海外生活に必要な英語の勉強方法を書いていますので、興味のある方は学問・資格カテゴリーをチェックしてみて下さい。
数少ないマジメなエントリーです。

それでは、他のランキングボタン(人気blogランキングとか)でも結構ですのでポチっと。

さぁ、押したくなってきましたか?

ポチっと!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

IQ Test 4

昨日は、久々にいい天気だったのでパンティングをしました。 (パンティングって何?って言う人は、ココを見てください。)

私は、もう一級パンター(自称)で、自分で普通にパンティングできます。
初めての人は、全然前に進まず、ほぼ間違いなく文字通り右往左往します。

特に、日本人には渡し舟のイメージがあって、なかなかコツが掴めないようです。
私も、大学のパントを借りて何回も練習しました。
もちろん、あくまで気分転換のためです。
研究第一です。(と何気にフォローしておく)

昨日は、張り切って遠出してしまったので、今日は筋肉痛です。
また、今日は嫁さんが買い物に出かけているので、娘と二人留守番です。
娘は、昨日のパンティングの時に水遊びしたせいか、鼻水が出ているので今日はずっと家にいます。
(今日も外はいい天気なのに残念!)

そういうわけで、絵本を読んだり、ルパン三世を見たりとだらだらしています。

暇だったので久しぶりにアクセス解析の結果を見ていたら、いまでも"IQテスト"の人気が高いので、またもIQテストを。

今回のもよく考えてから、答えを見てください。


Three blondes are sitting on a park bench eating ice cream cones.
One is sucking hers, one is biting hers, one is licking hers.
Which one is married?

三人のブロンドの女性が公演のベンチに座ってアイスクリームを食べていました。
一人は、アイスクリームを咥えていました。
また、一人はアイスクリームに噛み付いていました。
最後の一人はアイスクリームを舐めていました。

さて、どのブロンド女性が結婚しているでしょうか?

Continue reading "IQ Test 4"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Three Women go to Heaven

世界は、宗教が元で戦争や紛争が毎日起こっています。

そこで、私も少しキリスト教について勉強しました。
(ジョークを通して)

Three woman die and go to heaven. God says to the first woman "There is only one rule of heaven: you can't step on a duck."

三人の女性が死んで天国に行きました。
神は最初の女性に言いました、
「天国には一つのルールしかありません。
 ”あひるを踏んではいけない
 です。」


So the girl thinks 'okay, simple'.
Then God opens the gates of heavan and there are ducks everywhere!
As soon as the lady walks in she steps on a duck.
So God comes in and chains the ugliest man she has ever seen to her and walks away silently.

その女の子は、「大丈夫、簡単よ!」と思いました。
そして、神は天国の門を開けました。
すると、そこはいたるところあひるだらけでした。
彼女は歩いて入っていくと、すぐ あひるを踏んでしまいました。
それで、神様がやって来て、彼女が会ったことのある男の中で一番醜い男を鎖で彼女につなぎ、静かに歩き去りました。


So the second lady comes in and God tells her the same rule.
This lady last about a week before she steps on a duck, and again God comes in and chains the ugliest man she has ever seen to her and walks away silently.

そして、2番目の女性が来ました。
神様は同じようにルールを説明しました。
この女性は、1週間もちましたが、やはり あひるを踏んでしまいました。
また、神様がやって来て彼女の知る最も醜い男を鎖でつなぎ付けて、静かに歩き去っていきました。


Then the third lady comes in and she manages never to step on a duck.
Then one day God comes in and chains the best looking man she had ever seen to her and walks away silently. The man turns to the lady and says "I dont what you did but

それから、3番目の女性がやって来ました。
彼女はあひるを踏みませんでした。
するとある日、神様がやって来て、今まで見た中で一番いい男を彼女に鎖でつないで、静かに歩き去っていきました。
その男は、彼女に向かって言いました、
「私は、あなたがしたことをやらなかった、しかし...


Continue reading "Three Women go to Heaven"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mystery Of Time And Space

Crimson Roomの続編 Viridian Roomについて書いた記事が異常に人気のようなので、同じようなフラッシュのゲームを紹介します。(こちらのほうが先に出てるかも知れませんが)

> Mystery Of Time And Space

全編英語ですが、ビジュアルで分かるので英語が分からなくても十分楽しめると思います。
一応最初は’脱出’が目的でしたが、途中からどこに行ってるのかよく分からなくなります。

私は約3時間くらい掛かってクリアーしました。
(途中どうしても分からなくて、ボタンをじゅうたん爆撃して通り抜けたところもありますが...)

パズルあり、IQテストありと飽きさせない内容です。
今レベル12まであり、これからも増えるようです。

一番ラスト(クリア後)にもちょっと仕掛けがあります。 気を抜かないように! ;)

それでは、チャレンジして見てください。
Goooooooood Luck!!

分からないところがあったら、コメントしていただければヒントを差し上げます。

Continue reading "Mystery Of Time And Space"

| | Comments (103) | TrackBack (0)

An Amazing Discovery

電話に関する驚くべき発見について。
German scientists dug 50 meters underground and discovered small pieces of copper. After studying these pieces for a long time, Germany announced that the ancient Germans 25,000 years ago had a nation-wide telephone network.

ドイツの科学者が、50 m地下に銅のちいさなかけらを発見しました。
この破片を長期間調査した結果、科学者たちは、
「古代ドイツでは、25,000年前に既に電話ネットワークが有った。」
と発表しました。


Naturally, the British government was not that easily impressed. They ordered their own scientists to dig even deeper. 100 meters down, they found small pieces of glass, and they soon announced that the ancient Brits 35,000 years ago already had a nation-wide fibre net.

当然、イギリス政府は簡単には納得しませんでした。
政府は、イギリスの科学者に命じて、さらに深く、100 m 掘らせました。
すると、ガラスの破片が見つかりました。
すぐに、イギリス政府は発表しました、
「古代イギリスにおいては、35,000年前に既に光ファイバーネットワークがあった。」
と。


Israeli scientists were outraged. They dug 50, 100 and 200 meters underground, but found absolutely nothing...
They concluded that

イスラエルの科学者たちは、これらの発表に怒りました。
そして、50、100、200mと地面を掘っていきましたが、全く何も発見できませんでした、
それで、科学者たちは、 . . .


Continue reading "An Amazing Discovery"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

An Actor

昨日は、嫁さんが料理教室でタイ料理(ここはイギリスです)を習うために、夜、娘の世話をしていました。

それで、娘は最近やっと自分の名前がアルファベットで書けるようになったので、忘れないように特訓していました。

でも、娘は左ききなので、左で鉛筆を持って書きます(イギリスでは、結構左で書く人多いです)。
そのせいかどうか分かりませんが、注意していないと、右左反対のアルファベットを書くこともあるので、右手に矯正しようかと悩んでいるところです。

そして、嫁さんと娘が寝た後、ジョーク探しをしている時に、以下の’娘を思う父親のジョーク’を読んで目頭を熱くしてしまいました。

An aspiring young actor asked a young lady's father if he could have his daughter's hand in marriage. The father said, "I would never let my daughter marry an actor."

ある血気盛んな若い俳優が、ある若い女性の父親に結婚させてくれるようお願いしました。
女性の父親は言いました、
「俳優とは絶対結婚させないぞ!」


The actor said,
"Sir, I think you may change your mind if you see me perform. Won't you at least come and see the play?"

俳優は言いました、
「お父さん、私の演技を見ればお気持を変えていただけると思います。
どうか、私の芝居を見るだけでもお願いします。」


So the father went to see the play, and the next day he called the actor,
"You were right. I did change my mind. Go ahead and marry my daughter.

それで、父親は芝居を見に行きました。
そして次の日、父親は俳優に言いました、
「君は正しかった。私は、考えを変えたよ。
娘と結婚しなさい。 だって、. . .

Continue reading "An Actor"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nirvana

以前苦労して脱出したCrimson Roomの続編が各所で紹介されています。

Viridian Room

今日やっとクリアーできました。
前作は2時間でしたが、今回は1週間以上かかりました(連続じゃないですよ、勿論)。

ちなみに本作の目的は、脱出ではありませんでした。
あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、ある意味”解脱”です。
(タイトルはそういうことです。前回のタイトルがEscapeだったので。)

まだ前作をクリアーしていない人は、そっちをやってからの方が良いでしょう。
(コツを掴むため。そして、2点ほど前作にからむところがあるので。)

ところでどこがViridian(青緑)なのでしょうか?
ドアの色のことでしょうか?
あと、写真の女性はりょうさんかと思ってました。


本作から答えがシェアウェアになっているようなのでネタバレはなしです。

と言いつつ、ヒントは、


・ライターは2回(別のものに)使え!
・裸電球はいろんな方向から見ろ!
・骨から取れるだけ取れ!←これ重要!
・ビールは美味しい方が良い!(多分)
・日記の日付に注目!
・アイテムを調べるのは基本中の基本!

です。
今回は、前作のように異常に厳しいクリック判定はなかったですが、少し頭を捻ります。

それでは、皆さん頑張ってください。Good Luck! ;)

追記:VIRIDIAN ROOMをクリアして、もっと脱出したい!とお思いのあなたは、ココチェック!
新たな試練があなたを待っています。

| | Comments (3)

London Underground

ロンドンの地下鉄に関する情報。
During Autumn of 2000, a team of scientists at the Department of Forensics at University College London removed a row of passenger seats from a Central Line tube carriage for analysis into cleanliness. Despite London Underground's claim that the interior of their trains are cleaned on a regular basis, the scientists made some alarming discoveries:

2000年の秋に、ロンドン大学の法医学部の研究者達がセントラルライン(ロンドン地下鉄の路線の一つ)の椅子を一列取ってきて、清潔かどうか調査しました。
ロンドンの交通局は、車内は定期的に掃除していると主張しましたが、この科学者らによって、驚くべき事実が明らかになりました、:


This is what was found on the surface of the seats:

* 4 types of hair sample (human, mouse, rat, dog)
* 7 types of insect (mostly fleas, mostly alive)
* vomit originating from at least 9 separate people
* human urine originating from at least 4 separate people
* human excrement
* rodent excrement
* human semen

座席の表面から次の物が見つかりました。

・4種類の毛髪(人間、小ねずみ、大ねずみ※、犬)
・7種類の昆虫(殆んどは蚤でした、そして生きていました)
・少なくとも異なる9人の嘔吐物(いわゆるゲロ)
・少なくとも異なる4人の尿
・人間の排泄物
・げっ歯類(主にねずみ)の排泄物
・人間の精液

※筆者注:ロンドンの地下鉄で、体長10cm以上の大きなねずみが線路でうろうろしているのを何回か見たことあります。


When the seats were taken apart, they found:

* the remains of 6 mice
* the remains of 2 large rats
* 1 previously unheard of fungus

座席の中から次の物が見つかりました、

・6匹の小ねずみの死骸
・2匹の大ねずみの死骸
・新種のきのこ


It is estimated that by holding one of the armrests, you are transferring to your body the natural oils and sweat from as many as 400 different people.

座席の肘置きを掴むことで、約400人分の油や汗に触ることになると推測されます。


It is estimated that it is generally healthier to smoke five cigarettes a day than to travel for one hour a day on the London Underground.

一日5本タバコを吸う方が、ロンドンの地下鉄に毎日1時間乗るより概ね健康的であると考えられます。


It is far more hygienic to wipe your hand on the inside of a recently flushed toilet bowl before eating, than to wipe your hand on a London Underground seat before eating.

食事の前に、流したばかりの便器の内側で手をふく方が、ロンドン地下鉄の座席で手をふくより断然衛生的です。


It is estimated that within London, more work sick-days are taken because of bugs picked up whilst traveling on the London Underground than for any other reason (including alcohol).

ロンドンおける病気で欠勤する理由のトップは、ロンドンの地下鉄に乗っている時についた害虫です(当然、アルコールよりも多いです)。



※ジョークですから本気にしないで下さい。

でも、ロンドンの地下鉄は本当に異常に汚いです。
これが、ジョークと知っていても、実際ありそうで恐い。

出典:A-Grin-A-Day.Com

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Academic Phrases and Meanings

メールで送られてきたケンブリッジ大学の'非公式'学術用語とその意味

論文を書くときだけでなく、会社で言い訳資料を作成する上でも役立つと思いますので是非ご一読を : )



The following list of phrases and their definitions might help you understand the mysterious language of science and medicine. These special phrases are also applicable to anyone working on a Ph.D.
dissertation or academic paper anywhere!

次のリストは、科学や医学において不可解な言葉を理解するのに役立つ(かも知れない)フレーズとその定義です。
この特殊な用語集は博士課程の学生や、学術論文を書く人にも有用です。


"It has long been known"
... I didn't look up the original reference.

「長い間、既知の事実ではありますが、」
・・・オリジナルの文献は探してませんが、


"A definite trend is evident"
... These data are practically meaningless.

「はっきりとした傾向があるのは明白ですが、」
・・・このデータは、(当たり前のことなので)実質意味がありませんが、、


"While it has not been possible to provide definite answers to the questions"
... An unsuccessful experiment, but I still hope to get it published.

「この問いに対する明確な解答を与えることは、今のところできませんが、」
・・・実験に失敗しましたが、それでもまだ、この論文を投稿したいのです


"Three of the samples were chosen for detailed study"
... The other results didn't make any sense.

「詳細な調査を行うため、3つサンプルを選びました」
・・・ほかの結果は、理論に合いませんでした


"Typical results are shown"
... This is the prettiest graph.

「典型的な結果を示します」
・・・これが、一番綺麗に見えるグラフです


"These results will be in a subsequent report"
... I might get around to this sometime, if pushed/funded.

「この結果は、次のレポートで報告します」
・・・これは、誰かに急かされるか、予算がつくまで、放っておきます。


"In my experience"... once
"In case after case"... twice
"In a series of cases"... thrice

「私の実験においては」         ・・・1回だけ成功しました
「このケースとその次のケースでは」  ・・・2回成功しました
「一連のケースにおいて」        ・・・3回成功しました


"It is believed that"... I think.

「~と思われる」・・・私はそう思う


"It is generally believed that"... A couple of others think so, too.

「一般的に~と思われている」・・・他の人も何人かそう思っている

"Correct within an order of magnitude"... Wrong.

「誤差は一桁以内に収まっています」・・・予測は間違っていました


"According to statistical analysis"... Rumor has it.

「統計的分析によれば」・・・噂では


"A statistically oriented projection of the significance of these findings"
... A wild guess.

「この発見の要点を用いて、統計的に正しい見方をすれば、」
・・・大胆な推測ですが、


"A careful analysis of obtainable data"
... Three pages of notes were obliterated when I knocked over a glass of pop.

「入手可能なデータを詳細に分析すると」
・・・コップに入った炭酸飲料をこぼしてしまったので、3ページもの実験ノートを駄目にしてしまいました


"It is clear that much additional work will be required before a complete understanding of this phenomenon occurs"
... I don't understand it.

「この現象の発生原因を理解するためには、さらなる研究が必要であることは明白です。」
・・・私は、この原因が分かりませんでした。


"After additional study by my colleagues"
... They don't understand it either.

「私の同僚の研究結果を考慮しても」
・・・同僚も分かりませんでした。


"Thanks are due to Joe Blotz for assistance with the experiment and to Cindy Adams for valuable discussions"
... Mr. Blotz did the work and Ms. Adams explained to me what it meant.

「ジョー・ブロッツには実験への助力を頂き、そして、シンディー・アダムスには貴重な議論をしていただき、感謝の意を表します。」
・・・ブロッツさんは実際の実験をやってくれて、アダムスさんは、実験結果がどういうことを意味するのか教えてくれました。


"A highly significant area for exploratory study"
... A totally useless topic selected by my committee.

「予備的な研究のための非常に重要な分野」
・・・私の所属する委員会が全然意味のない研究テーマを選びました


"Our results confirm and extend the previous conclusions that "
... We did not discover anything.

「我々の実験結果によって、以前の結論が裏付けられた。」
・・・我々は、何も発見していません。


"It is hoped that this study will stimulate further investigation in this field"
... I quit.

「本研究により、この分野における さらなる調査が行われることを切に願うものである。」
・・・私はもうこの研究をやめます。

イギリス人は、”日本人はホンネと建前がある”と文句を言うけど、世界中の学者さんもかなり裏表があるようです。
ということは、日本の学者は、ホンネと建前の使い分けの一番のエキスパートということでしょうか?

このリストは、設備投資したのに投資回収がうまくいかないことを本社に説明する時などの有事の際に非常に役立つと思います。

お試しあれ ; )

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100 Questions 2

ジョークサイト開設者に100の質問」に答える第2回。

Q11.サイトに掲示板を置いていますか?
置いてます。(右上にあります)
何かの手違いで見つけられなかった人は、ココにあります。
みなさまふるってお書き込み下さい。

Q12.掲示板が荒らされたらどう対応するつもりですか?
↑で見てもらえば分るように、荒らして欲しい位です。
誰でも良いから、何か書き込んでください。
今なら漏れなく、’荒らし’でもお礼のコメントつけます。

Q13.サイトを運営していて嫌な目にあったこと、心の底から怒りを感じたはありますか? よろしければどのようなことか教えて下さい。
一番最近はコレです。
気分屋なので、その時々です。

Q14.サイト活動をやめようと思ったことはありますか?
ないです。
おかげさまで、たくさんの読者の皆さんからコメントを貰えるようになって、ますますやめられなくなりました。

Q15.お笑いちょうだいサイト以外にもサイトをもっていますか? なければ、もちたいと思ったことはありますか?
’お笑いちょうだいサイト’って何ですか?
このブログ以外にも、日本の親戚向けの写真日記サイトがあります(今は、会社の人にバレるといけないので秘密にしてます)
このブログの更新で手一杯なので、実質更新停止状態です。
実家からも、せっつかれているのでそろそろ更新しようかな。

Q16.自分のサイトにプロフィール欄を作るとしたら、ギャグにしますか? 正確に書きますか?
今は正確に書いてます。
そのうち暇をみつけて面白おかしく書き直したいと思ってます。
でも、私のプロファイルを面白く書くのは非常に難しいです。(本当はマジメ人間なので ;) )

Q17.サイトを運営していて孤独を感ずることはありますか? あるとすれば、どんなときですか?
嫁さんが、私の書いたジョークを読んで、他の人の日記の方が面白いと言った時。
ココとかココと比べんといてくれ!

Q18.更新の意欲を刺激されるのはどんなときですか?
もちろん、面白いジョークを見つけたとき!
そして、ジョークの前振りになりそうなニュースを見つけたとき。

Q19.アクセス数は気になりますか? また、アクセス数を増やすために、なにかやっていますか?
気になります。すごく。
アクセス数を増やすために、面白いジョークを日夜(主に嫁さんが寝た後)探しています。

Q20.家族や友人はあなたのサイト活動を知っていますか? 知っている場合、あなたに対してどのような反応を示しましたか?
嫁さんと、研究室の人は知ってます。日本の会社の人は知らない(と信じてます)
嫁さんは、私の書いた記事を読まずに、リンク先のブログを読んでます。 :{
研究室のイギリス人はよくネタを提供してくれます。

今回は結構楽勝問題でした。(あんまり捻るところもなかった)

昨日、そのイギリス人と話していて発見した衝撃の事実。

皆さん堺正章さんと故・夏目雅子さんが出てた「西遊記」を覚えておられるだろうか?
実はイギリスでも、15年位前、「西遊記」が"Monkey Magic"という題名で放映されていたのです。
↓はそのファンサイト

http://www.monkeyheaven.com/

テーマソングはもちろん'ゴダイゴ'でした。(元々歌詞が英語だったのでそのまま使われたようです)

また、↓のサイトでは、「西遊記」が中国の古典であることを紹介しながらも、写真は、堺正章さんの”孫悟空”だったりする。(日本のアマゾンで検索したら本家中国製の「西遊記」がありますが、日本のTVシリーズのほうがこちらでは有名です.)

http://www.internationalhero.co.uk/monkey.htm

すごいぞ日本のTV!

第3回に続く(と思う)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100 Questions 3

ジョークサイト開設者に100の質問」に答える第3回。


Q21.あなたがもらった読者の反応の中で、一番印象に残ったものどんな内容のものですか?
この記事に頂いたgoukouさんからのコメントです。内容とあんまり関係ないトラックバックに、ためになる情報まで教えて頂いて本当にありがとうございました。
また、この記事に頂いたeizoさんのコメントも、まだまだジョーク(というか英語)は奥が深いと気付かせて頂ける内容で印象に残ってます。

Q22.あなたがもらった読者の反応の中で、一番うれしかったものはどんな内容のものですか?
自分的には面白いけど、一般受けするか疑問に思っていたこの記事にいただいたchichiさんのコメント。
喜んでいただけて光栄です。

Q23.あなたがもらった読者の反応の中で、一番対応に困ったものはどんな内容のものですか?
特にないです。
と思ったらありました。
掲示版に誰も書き込んでくれないことです。
後生ですから誰か書き込んで下さい . . .

Q24.パクリをやりそうになったことはありますか? あるいはやってしまったことはありますか?
基本的に、ジョークを日本語に訳しているだけなので殆んどパクリです。
十数年前まで産業界においてパクリは日本の専売特許でしたが今は、パクられる側になってます。
というわけで、このブログはまだ黎明期ということで、パクリ主体ですが、そのうちパクられる側になれるようなコンテンツを用意したいです。
いつか自作のジョークを作りたいと思います。
( . . . と真面目に答えてみる)

Q25.定期的に巡回するサイトのトップはなんでしょうか?
右のリンク集のジョークサイトを主に回ってます。
それと、何回も言いますが’ぐーぐる’で適当な単語を入れてジョークを探します。

Q26.サイト運営に週平均どのくらいの時間をかけていますか?
5〜6時間(一日30分〜40分位。10分〜30分/記事位)
ネタ探しの時間を入れるとこの倍は行くでしょう。
こうしてみると、貴重な海外生活の時間をなんと無駄にしていることか . . .

Q27.もし、サイトを運営していなければ、その時間は何に使えたと思いますか?
睡眠時間。嫁さんの話し相手(夫婦円満の秘訣!)。

Q28.ブロードバンド化に対応する予定はありますか? またそれはどのようなものですか?
家も職場(大学)もブロードバンドです。
家はBTの今どき500kbpsのADSL。職場は100base-TのLAN。

Q29.10年後、あなたはサイト活動を続けていると思いますか? 続けていればどんなものになると思いますか?
続けてません。日本に帰ったら、仕事が忙しくて絶対無理です。
私の会社は、建前、早く(定時に)退社するように言いますが、同業他社との競争に勝つにはそんなこと言ってられないので。
会社人間の私は、仕事が大好きなので全然苦になりません。
(と一応書いておく)

Q30.もし、能力のレンタルが出来るとしたら、誰からどんな能力をもらって、サイトを作成しますか?(有名人でも、ウェブ上での知り合いやあなたの友人でも構いません)
ottoさんのような、なんでもないことを誇張する文章力
私は、簡潔に書くのも苦手ですが、誇張するのはもっと苦手なので . . .
ついでに、ネタを提供してくれる(行動がおかしい)友人が欲しい。


今回も、あんまり面白くない。

というわけで、ジョークで締めくくります。


私はタバコを吸いませんが、またまたタバコに関するジョーク。
Here's a sure-fire two step method to cure yourself of smoking in bed.

ここで、絶対成功する寝タバコの止め方を2段階で紹介します。

First, buy a water mattress.

まず、ウォーターマットレスを買いましょう

Second, fill it with gasoline.

次に、それをガソリンで満たします。
さあ、あなたも挑戦してみましょう!

出典:A-Grin-A-Day.Com

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Porsche Smells Bad

今日のデイリージョークメールは面白かったので、2つ紹介。


A young girl (18-ish) walks into a prestige car sales room.
Looks around at all the Porsches, Lamborghini's, Jags etc., and says to the salesman
"can I have the red one?" - a top of the range Porsche.
" I'll pay cash!" and starts taking handfuls of tens out of a carrier bag until she gets to the right price.

一人の若い女性(18歳くらい)が高級車のショールームに行きました。
ポルシェ、ランボルギーニ、そしてジャガー(イギリスでの発音はジャギュアー) 等を見回してから、店員に言いました、
「あの赤いのもらえるかしら?」(それは最高級クラスのポルシェでした)

「現金で払うから!」
と言って鞄から10ポンド札を掴み出し続けました。
そして、最後には値段分のお金を積み上げました。


The deal is finalized very quickly and the girl drives it away. She is back 2 days later -
"I want my money back...it smell awfully bad when I use the brakes" she states emphatically.


契約はあっと言う間に終り、その少女はポルシェに乗って帰りました。
二日後、その少女は戻ってきて言いました、
「お金を返して欲しいの、
なんだか凄い匂いがするのよ、
ブレーキをかける時に。」


Not wanting to lose the sale (having taken cash and fiddled the books)
the manager decides to ride in the car with her 'in case she is not driving it properly'

折角の売上を失いたくなかった(お金をもらってるんだし、時間を浪費したくなかった)ので、 支配人が、彼女と車に乗って、彼女がちゃんと運転しているかどうか確かめることにしました。


He gets in and she roars out of the dealership, drops it into second gear at 55 mph, floors the pedal again and slips into 3rd at 80mph does a handbrake turn into a country lane and then really starts to accelerate. 120mph into 4th gear; 5th at 145mph.
The engine is screaming, trying to leap out of the bonnet when it reaches 170mph.

支配人は車に乗り込み、少女はエンジンをうならせてショールームを出ました。
55mph(約90km/h)で二速に入れ、アクセルをべた踏みして、80mph(約145km/h)で三速に入れました。
そして、ハンドブレーキを使ってターンし、田舎道に入りそこから'本当に'加速し始めました。
120mph(約190km/h)で四速に入れ、145mph(約235km/h)で五速に入れました。
170mph(約270km/h)に到達した時、エンジンはきしみ、今にもボンネットから飛び出しそうでした。


The scenery is a green blur the G-force has him pinned in the seat.
In the distance, to his relief, the barriers of a railroad crossing are beginning to come down and she will have to slow down (he thinks!)
instead the pitch of the engine increases.
100 yards from the crossing she slams on the brakes and the car stops inches from the barrier.

周りの景色は、緑がかすんでいました。凄いGのために彼はシートに抑え付けられていました。
遠くに、踏切が見えて、遮断器が降りかけているのを見て、彼は'ほっ'としました。
少女は、減速するはずでした(彼はそう思ってました)。
しかし、エンジン音はさらに高くなりました。
踏切から100ヤード(約91m)手前で、少女はブレーキを思いっきり踏みました。
そして、車は遮断器から数インチ手前で止まりました。
彼女は言いました、





















マネージャー:「おぇ〜っっっっっっっっっ」

"Can you smell it?" she says.

「ほら匂うでしょ?」
隣に人を乗せてなければ問題ないでしょう。

※追記:あまりにも反応がなかったので、ヒントを書きました。

映画「TAXI」を見てると面白さ30%増しだと思います。

もう一つ
----
Co-workers sympathized as my mother complained that her back was really sore from moving furniture.

私の母が家具を”動かそうとして腰を痛めた”と文句を言うと、同僚はみな同情してくれました。


"Why don't you wait till your husband gets home?" someone asked.

同僚のひとりが聞きました、
「どうして、だんなさんが家に帰ってくるまで待たなかったの?」


"I could," my mother told the group,

母は、同僚に言いました、
「待てたけど . . .



















"but the couch is easier to move if he's not on it."

でも、ソファーは、旦那が上に乗ってない方が簡単に動かせるから



出典:A-Grin-A-Day.Com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Truth Is Always Only One

うちは、TVがないので、娘はパソコンでまんがを見ています。 私の好きな「ルパン三世」part IIを良く見ています。 part Iは大人の世界なので気に入らないみたいで、part IIIは不二子ちゃんが可愛くないので嫌いなので、殆んどいつもpart IIです。

ルパンと並んで、娘のお気に入りなのが「名探偵コナン」です。
先週の土曜日に映画「ベイカー街の亡霊」を見ていたので、なんとなく思いったって、一昨日、家族サービスでロンドンのシャーロックホームズ博物館に行きました。

有名なベイカーストリート221b番地は、コナンドイルが生きていた時代は、無かったそうです。
その後、ベイカーストリートが北に伸びて本当に221b番地ができました。

↑のシャーロックホームズ博物館は、実は221b番地にありません。
221b番地にはAbbey Nationalという銀行があります。
それで、この銀行ができてからというもの世界中からホームズ宛の手紙が届くそうです。
そこで、Abbey Nationalはホームズ宛の手紙に対処する秘書を雇っています。
彼(彼女かも?)は、「どんなタバコを吸ってるんですか?」とか「どうして結婚しなかったんですか?」という質問に毎日答えているそうです。(詳細はココ

そして、221b番地のAbbey National銀行にはシャーロックホームズの銅像がありました。

(もし「トリビアの泉」でとりあげられてなかったら、「へぇ〜」って言ってもらえるとうれしいです。)

で、そのAbbey Nationalを過ぎてもうちょっと北に行くとお目当てのホームズ博物館がありました。
1階はショップで、ベイカーストリートのプレートや、玩具のパイプ、ホームズのような帽子が売ってました。

2階から上が博物館になっていて、2階には本物のワトソン博士がいました。
娘と一緒の写真を撮らしてくれました。

3階と4階はろう人形の展示室になってました。
(近くにマダムタッソーというろう人形で有名なミュージアムがあるからかな?)

3階には、ホームズの宿敵、”悪の巣窟”モリアーティー教授のろう人形がありました。

moriarty.jpg

↑は、モリアーティー教授の写真を見ながら、悪の計画を練っている娘(うひょひょひょ . . .)

本当は、ただのゲストブックです。下手くそながらも名前を書いているところです。

そして、そこにどんなことが書いてあるかチェックしていると、

----





















「真実はいつも一つ!」

. . . . . .
(タイトルはそういうことです。)

だから私も、これに対抗して

----




















謎は全て解けた!

と書いてきました(嘘です)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

A Farmer in Court

今日は、小鳥のさえずりで目が覚めました。

「さすがはイギリス、すがすがしい朝だなぁ~」と思ってはいけません。

昨日は、珍しく家族サービスして疲れたので、もっと寝たかったのです。

家の裏が公園で、しかも窓のすぐそばに木がたくさん生えてます。
お陰で、朝はよく小鳥に目を覚まされます。

目が冴えてしまったので、起き抜けジョークを。

nagasawaさんの御指摘により、続きが読めなくなっていることが分かり修正しました。(最初のを消して、投稿し直しました。)
どうも、ココログでタイトルを空にしたまま下書きを保存していたため、拡張子だけの.htmlファイルができていたようです。
前は、勝手にpost**.htmlになってたのに仕様が変更されたのかな?


Farmer Joe decided his injuries from the accident were serious enough to take the trucking company responsible for the accident to court.

  農夫のジョーは、事故で受けた傷がひどすぎるので、事故を起こしたトラック運送会社を訴えることにしました。

 
In court the trucking company's fancy lawyer was questioning farmer Joe.
"Didn't you say, at the scene of the accident, 'I'm fine,"' asked the lawyer.

法廷で、運送会社の腕利き弁護士がジョーに尋ねました、
「あなたは、事故の際、”私は大丈夫”と言いませんでしたか?」


Farmer Joe responded, "Well. I'll tell you what happened. I had just loaded my favorite mule Bessie into the ... "I didn't ask for any details," the lawyer interrupted, "just answer the question. Did you not say, at the scene of the accident, 'I'm fine!'".

ジョーは答えました、
「まあ、聞いてくださいよ。私は、ちょうど一番のお気に入りのラバのベッシーを乗せようと. . .」

弁護士がジョーの話を中断しました、
「私は、詳細について聞いてないですよ。ただ、質問に答えてください。
 あなたは、事故の時、”私は大丈夫”と言いませんでしたか?」


Farmer Joe said, "Well, I had just got Bessie into the trailer and I was driving down the road ..."

ジョーは言いました、
「ええと、私がベッシーを牽引車に乗せようとしたとき、道の方に放り出され. . .」


The lawyer interrupted again and said, "Judge, I am trying to establish the fact that, at the scene of the accident, this man told the Highway Patrolman on the scene that he was fine. Now several weeks after the accident he is trying to sue my client. I believe he is a fraud. Please tell him to simply answer the question."

弁護士はまた彼の話を遮り、言いました、
「裁判長、私は'この男が事故の際ハイウェイパトロールに自分は大丈夫であると言った事実'を立証しようとしています。今、事故から数週間経って、彼は私の依頼人を訴えようとしています。
彼に、ただ質問に答えるよう言って下さい。」


By this time the Judge was fairly interested in Farmer Joe's answer and said to the lawyer, "I'd like to hear what he has to say."

この時までに、裁判長はジョーの答えにかなり興味を持っていました。そして、弁護士に言いました、
「私は、彼が何を言わんとしているのか聞いてみたい。」


Joe thanked the Judge and proceeded,
"Well, as I was saying, I had just loaded Bessie into the trailer and was driving her down the highway when this huge semi-truck and trailer ran the stop sign and smacked my truck right in the side.

ジョーは礼を言って、続けました、
「えーと、私が言いましたように、私がベッシーを牽引車に乗せて、ハイウェイを行こうとした時、その大きな中型トラックとその牽引車が、一時停止を無視して、私のトラックの真横にぶつかってきたのです。


I was thrown into one ditch and Bessie was thrown into the other. I was hurting real bad and didn't want to move. However, I could hear ol' Bessie moaning and groaning. I knew she was in terrible shape just by her groans.

私は、道路わきの溝に投げ出され、ベッシーも別の溝に投げ出されていました。
私は、ひどい怪我をしていたので、動けませんでした。
しかし、私にはベッシーのうめき声と唸り声が全て聞こえていました。
うめき声で、ベッシーが酷い状態にあるということが分かりました。


Shortly after the accident a Highway Patrolman came on the scene. He could hear Bessie moaning and groaning so he went over to her. After he looked at her he took out his gun and shot her between the eyes.

事故が起こって少ししてからハイウェイパトロールが事故現場に来ました。
ハイウェイパトロールは、ベッシーのうめき声をきいて、そちらの方に行きました。
ベッシーを見ると、彼は拳銃を取り出し、ベッシーの眉間を撃ち抜きました。


Then the Patrolman came across the road with his gun in his hand and looked at me.
He said,

それから、その警官は銃を手に持ったまま道を渡って来ました。
そして私をみて言いました、 . . .

Continue reading "A Farmer in Court"

| | Comments (8) | TrackBack (0)

An Overweight Blonde

皆様、GW明けて普通の生活に戻れられたでしょうか?

私は、GW中早起きしてたせいかどうか分かりませんが、日曜なのに寒くて目が覚めてしまいました。
今年、イギリスは強烈に寒いです。
もう5月も半ばだというのに、布団と毛布3枚着てても寒いです。

それでは、全然関係ありませんが、最近ご無沙汰だった、ブロンドジョークを。

An overweight blonde went to see her doctor for some advice. The doctor advised that she run ten miles a day for thirty days. This, he promised, would help her lose as many as twenty pounds.

太ったブロンドちゃんが医者にアドバイスを貰いにいきました。
その医者のアドバイスは、'毎日10マイル(16km)、30日間走りなさい'というものでした。
これで、20ポンド(9kg)くらい体重を減らせられると、医者は約束しました。


The blonde followed the doctor's advice, and, after thirty days, she was pleased to find that she had indeed lost the whole twenty pounds.
She phoned the doctor and thanked him for the wonderful advice which produced such effective results.
At the end of the conversation, however, she asked one last question:

そのブロンドは医者のアドバイスに従いました。そして、30日後、本当にまるまる20ポンド痩せてることが分かって喜びました。
彼女は、医者に電話をかけ、効果てき面の素晴らしいアドバイスにお礼を言いました。
しかし、会話の終わりに、彼女はもう一つだけ質問しました、
「ところで、

Continue reading "An Overweight Blonde"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Farewell to Friends

アメリカの人気TV sicom(situation comedy) 「Friends」が最終回だったそうです。(BBCニュース)

出演者は最後にみんな泣いてしまってメイクをやり直したそうです。
10年も続いてたんかとびっくりしました。

私が、「フレンズ」を最初に見たのは、8年前位、大学生の頃「wowow」でやってたのでした。
当時、カナダからの留学生のチューターをしていて、彼が凄く面白いというので、一緒に見てました。
今見ると、まだwowowでやってますね。
やっぱり日本でもそれなりに人気なんでしょう。きっと。
(「フレンズ」って何?って言う人は、下のリンクを辿ってください。)

イギリスでも当然大人気で、普通に地上波TV(Channel4)でやっています。

私も、最初TVがあるうちは見ていました。
今うちは、TVライセンス(年間24000円位)が惜しくて、TVがありませんので見てません。

※イギリスでは、ライセンス無しにTVを受信している人を見つけるアンテナ車がよく走っており、見つかったら20万円位罰金を取られます。言い訳無用です。
でもラジオは聞けます。

イギリスでの最終回は5月28日だそうです。
TVをお持ちで、イギリス在住の皆様、お見逃しの無きよう。

フレンズ ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1

発売日 2001/07/20
売り上げランキング 329


Amazonで詳しく見るB00005LK18

それと、私が、「フレンズ」を気に入った理由は、そのテーマソングでした。

フレンズ

発売日 2001/06/20
売り上げランキング 575


Amazonで詳しく見るB00005L8QI

The Rembrandtsの歌うテーマソング "I'll be there for you"は、キャッチャーなメロディーが特徴のポップな曲です。
当時、アメリカンなAORは嫌いでしたが、この曲だけはバンド名からしてヨーロッパの香りがするいい曲でした。

私はこの曲目当てでThe Rembrandtsのアルバムを買ってしまいましたが、この曲以外は捨て曲ばかりなのでお薦めしないです。だから、フレンズのサントラ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

A Lesson in Medicine

医学部の学生に贈るジョーク

食事中の方は、御覧にならないように!

First-year students at Medical School were receiving their first anatomy class with a real dead human body. They all gathered around the surgery table with the body covered with a white sheet.

医学大学の1年生が、最初の解剖学の授業で本物の死体を扱っていた。
学生は全員、白いシートがかけられた、死体がのっている手術台の周りに集まっていました。


The professor started the class by telling them, “In medicine, it is necessary to have two important qualities as a doctor: the first is that you not be disgusted by anything involving the human body”

教授は授業の最初に言いました、
医学においては、医者として二つの大事な資質が重要です。
まず、人間の死体に限らず、いかなる物にも吐き気をもよおしてはなりません。」


For an example, the professor pulled back the sheet, stuck his finger in the butt of the corpse, withdrew it and stuck it in his mouth. Go ahead and do the same thing, he told his students.

「例えば」
と言って、教授はシートを取り、自分の指を死体のお尻に突っ込み、そして引き抜き、自分の口に入れました。

「さあ、同じことをやってみなさい」
と教授は学生に言いました。

The students freaked out, hesitated for several minutes, but eventually took turns sticking a finger in the butt of the dead body and sucking on it. When everyone finished, the professor looked at them and told them,

学生は、恐れおののきました、そして数分躊躇(ちゅうちょ)した後、遂に指を死体のお尻に突っ込み、それを口にくわえました。
全員が終ったところで、教授は学生を見渡して言いました、

Continue reading "A Lesson in Medicine"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Parking Ticket

今日のジョーク

I went to the store the other day, and I was in there for only about 5 minutes.
When I came out there was a cop writing out a parking ticket.
So I went up to him and said,
"Come on, buddy, how about giving an old lady a break?"

ある日、私が買いものにいった日のこと。
私はお店を5分くらいしか見ずに外に出ました。
その時、警官が、駐禁の切符を切っていました。
そして、私は彼に駆け寄り言いました、
「ねぇ、ちょっとアンタ、私みたいな老女、見逃してよ」


He ignored me and continued writing the ticket.
So I called him a pencil-happy nazi.
He glared at me and started writing another ticket for having worn tires!

警官は、私のことを無視し切符を書き続けました。
それで私は、警官に向かって言いました、
「鉛筆好きのナチ野郎!」

警官は私を睨むと、もう一枚、タイヤの摩耗に対する違反切符を書き始めました。


So I called him a piece of horse poop.
He finished the second ticket and put it on the windshield with the first.
Then he started writing a third ticket!

だから、私はさらに言いました、
「この馬のケツ野郎!」

すると、警官は二枚目の違反切符を書き終えて、フロントガラスにさっきのと併せて差し込みました。
そして、彼は三枚目の違反切符を書き始めました。


This went on for about 20 minutes... the more I abused him, the more tickets he wrote.
I didn't Care. Because . . .

このようなことが20分ほど続きました。
私が、警官を馬鹿にすればするほど、違反切符が書かれました。
私は別に構いませんでした。だって . . .

Continue reading "Parking Ticket"

| | Comments (14) | TrackBack (0)

100 Questions 4

ジョークサイト開設者に100の質問」に答える第4回。

Q31.思いつきで作るネタと、じっくり寝かせて作るネタのどちらが多いと思いますか?
思い付きです。インスピレーションが全てです。
よく時事ネタとジョークをセットで書きます。

Q32.自分としては、思いつきで作るネタとじっくり寝かせて作るネタの、どちらで作った方がお気に入りですか?
2時間くらいかけて書いた記事には思い入れがあります。
(しかし、だれもコメントくれなくて寂しかったこともしばしば. . .)

Q33.着想を得てから一つのネタを作るまでに、最高でどれくらい時間をかけたことがありますか?
2時間位。
リファレンスを探すのに手間取って、実際の文章を書くのは1時間位だった。

Q34.スランプに陥ってどうにもネタがひねり出せないときの対策はなんですか?
ぐーぐる

Q35.書くときに得意なジャンルがあれば教えて下さい。あるいは何を扱ったネタが得意ですか?
ブロンドジョークが好きです。
得意なジャンルは特にないです。
本当は下ネタが一番面白いんですが、公然と書けないのがつらい。

しかし昨日、このページのリンクで辿れるところにかなり''なジョークを書いてみました。
暇な人は探してみてください。

Q36.短いネタ、長いネタどちらが得意ですか?
短いネタです。
学術的なジョークの研究によると400語程度のものが一番好まれるようなので。

Q37.公開した後、激しく後悔したネタはどのくらいありますか?
未だにFCUKの検索で引っかかってるらしいこの記事
全然関係なくて申し訳なく思ってます。
(密かにページビューには貢献してるので消さずに残している浅ましい私)

Q38.自分の書いたものの中で、最も自分らしいネタはどれですか?
アカデミックなジョークということでこの記事
でも、まったく関心されずページビューも凄く少なくて非常に残念。

この記事も結構自分的には気に入っているけど、反応はイマイチでした。

Q39.逆に、自分らしくないと思うネタはどれですか?
これ
面白くないと分かってたけど義理で書いてしまった。

Q40.それでは、一番好きなネタはどれですか?
これ
パブで大笑いしたのを覚えてます。
でも一番読まれているジョークは、今日現在、これです。

次点はこれ

皆さんこういうちょっと頭を捻るのがお好きなんですね。


やっと1/3通過です。
あんまり面白くないのでやめたくなってきました。

それでも続く。

やっぱり寂しいので、一言ジョークで締めくくります。
"My advice to you is get married:
if you find a good wife you'll be happy;
if not, you'll become a philosopher."

「私からあなたへのアドバイスは、'結婚しなさい'と言うことだ。
もし良い奥さんが見つかったら、あなたは幸せになるだろう。
そうでなければ、あなたは哲学者になるだろう。」

Socrates. ソクラテス

だから私は、今Ph.D.(Doctor of Philosophy)を取得しているところです。 ; )

出典:Comedy-Zone.net

| | Comments (24) | TrackBack (0)

Details of The New Biological Weapon

以前記事にした台湾で発見された新生物兵器の続報です。(3ヶ月経ってますけど)

Poohotosama's diary台湾支局からのレポートです。
(本当は、うちの研究室の助手が出稼ぎに台湾に行った時の知り合いから送られてきました。)

この先は、スプラッタ映画に弱い人は読まないで下さい。

Continue reading "Details of The New Biological Weapon"

| | Comments (287) | TrackBack (0)

The Stupidiest Thing

ひさしぶりの純粋なジョーク
Tired of the inconvenience of the drive from airport to country cottage, a man equipped his small plane with pontoons so he could land on the lake directly in front of his cottage.

ある男が、空港から田舎にあるコテージに車で行くのが嫌になって、自分の小型飛行機に水上飛行機用の舟を取り付け、彼のコテージのすぐ前にある湖に着陸(水)できるようにしました。

On his next trip, he made his approach down the airport runway as usual.
Alarmed, his wife cried out,
"Are you crazy? You can't land this plane here without wheels!"

次の飛行の時、いつもどおり空港の滑走路に近付きました。
驚いて、彼の妻が叫びました、
「あなた大丈夫?車輪も無しに、この飛行機をここに着陸させるつもり?」

The startled husband abruptly yanked the nose up, narrowly averting certain disaster.
Continuing, he landed the plane on the lake without mishap.
As he sat there, visibly shaken he said to his wife,
"I don't know what got into me. That's the stupidest thing I've ever done in my life!"

'はっ'として、男は、急上昇し、かろうじて大事故には至りませんでした。
そのまま飛行を続け、何事もなく湖に着水しました。

操縦席にすわったまま、見るからに震えながら彼は妻に言いました、
「まったくどうしてたんだろう。
人生で一番バカな失敗だったよ。」

And with that, he opened the door and . . .

そう言って彼はドアを開け、 . . .


Continue reading "The Stupidiest Thing"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Today's Lucky Blog - 5 May

昨日は、嫁さんのことを黙って書いたら、見つかって怒られました。

おかげで、昨日のお昼ご飯は、嫁さんが一昨日の晩に焼きすぎで半分焦げたピザがお弁当でした。

大学で焦げたピザを食べていると、研究室のみんなが「匂いからして焦げてるけど食べて大丈夫か?」と心配してくれました。

でも、日頃から残飯処理担当の私には、どうということはありません。

さて、今日もBlogPeople「今日のラッキーさん」紹介の代筆です。
最終日です。


それでは、行ってみましょう!!
イギリスは朝4時です(明日から普通の生活に戻ります)

さあ、今日のラッキーさんは、

夢のまほろばユマノ国:Pri & Googoo Days

です。おめでとうございます。

武盾一郎さん和田綾子さんによるアートユニットのブログです。

メインコンテンツは、プリとグーグーのピクチャーストーリーフラッシュです。

サイトタイトルのユマ(夢馬)はUMA(Unidentified Mysterious Animal (謎の「未確認動物」) の略)に掛けてあるのでしょうか?

可愛い不思議な生き物プリとグーグーの織り成す感動ストーリーです。
背景が楳図かずお氏のマンガの雰囲気なのでそのギャップがまた面白い。
(カラーのフラッシュは、背景が普通でちょっと物足りない)

他にもお二人の個展のお知らせなど、アーティスティックな情報満載です。

あと、このムービー等に登場する"やじむし"の口の形がすごーく気になる。



それでは、武盾一郎さん和田綾子さんに贈るお祝いジョーク

ユマの国は古事記から着想を得ているそうですが、イギリスにも古来からの不思議な生物がいます。

'Loch Ness Monster'
ネッシーに関する最初の記述は565年に遡るそうです(ソース

What did the Loch Ness Monster say to his friend?

ネス湖のモンスターは友達に何て言ったでしょうか?


















Long time no sea!

ずいぶん長い間会ってないね。
(ずいぶん長い間、海が無いんだよ。(ネス湖は淡水なので。))

ところで、私も昨年スコットランドに行ったときネッシーを見ました。

nessie.JPG(合成写真ではありません)

絶対にネッシーが見えるスポットを、この時の船の船長さんが教えてくれました。


コレだけじゃ寂しいので、最終日なのでもう一つUMAジョークを。

A man was walking behind a hearse with a big monster on a lead. Behind them stretched a long line of mourners.

一人の男が、大きなモンスターをつないだ霊柩車の後ろを歩いていました。
その後ろには、長い弔問者の列が続いていました

'What happened?' asked a passer-by.

通行人が尋ねました、
「どうしたんですか?」

'The monster bit my wife, and she died of fright.'

「あのモンスターが妻に噛み付いたんです。それで妻は恐怖で死んでしまったのです。」

'Can I borrow it?' the passer-by asked.

その通行人がお願いしました、
「そのモンスター貸してくれない?」

The man pointed behind him.

男は後ろを指差して言いました、


















'Get in the queue,' he said.

「列に並べ」

たまに、昨日のようなこと(冒頭参照)があると、私も列に並んでしまいそうです。


最後に、今日の他の代筆さんは、

聖幸さん

じゅじゅさん

みゆさん

うなさん

channel5さん

の皆さんです。

至らないところも多かったと思いますが、5日間読んで頂いてありがとうございました。 
これからも、たまに来てジョークで苦笑いして、ストレス解消していただければ幸いです。> 読者の皆様

また、このような機会を与えてくださり本当にありがとうございました。 > nagasawさん

またのお越しをお待ちしております。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Google PageRank Up!

久しぶりに、ぐーぐるのページランクを調べたら、5/10に上がってました。

Rank5.jpg記念写真です。

ページランクについて詳しく知りたい方はコチラ
↑は難しいと言う方は、コチラ

要は、有名なサイトからリンクをいっぱい張ってもらってると上がるという指標です。
ページランクが上がると、ぐーぐるで上位に表示されて、検索にかかりやすくなるそうです。
(本家ぐーぐるの説明はコチラ

※Firefox、Operaなどの標準ブラウザでページランクをチェックするには、
PageRank Finder
というのがあります。(但し、本家ぐーぐるの判定とは異なる場合が有るそうです。注意)

他にもフレッシュクロールとメインクロールと言うのがあって、フレッシュクロールに入っているとぐーぐるのロボットが頻繁に(2〜3日に1回)来てくれるようです。(ソース
今見るとフレッシュクロールにも入ってました。

これもすべてnagasawaさんのお陰です。
「今日のラッキーさん」効果です。きっと。

さらに、Google PageRank Predictionで予測すると次の更新で6に上がるという結果が。信じられない。

大元が上がるから、とも連れで上がるのかとおもって、ココログのホームページを調べてみると、今6で次の更新でも6のままなのでそうでもないらしい。
絶対おかしい。
この予測もあてにならなさそう。

とは言うものの、最近google経由のアクセスが少ないのは何故?

英国と英語に関することを書いてなかったことに今気づきました。
どうしよう。

Page つながりでこれを。

Led Zeppelin III

発売日 1994/08/16
売り上げランキング 60,475


Amazonで詳しく見るB000002J1U

IVが好きな人が多いけど、私は、断然IIIです。
'Since I've been loving you'と'Gallows Pole'が入ってるから。
IVにもIIIの延長の'Battle of Evermore'が入ってるけどなんか浮いてる。
やっぱりアルバム通して統一感の有るIIIが良い。

無理矢理、つなげてみました。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Today's Lucky Blog - 4 May

うちの嫁さんは今鬼平犯科帳(池波 正太郎著)にハマッています。 異国の地イギリスで。16巻目です。

昨日の'鬼平犯科帳の読みすぎで足が痺れた'嫁さんと娘の会話

娘:「ママちゃんどうしたの」
嫁:「足が痛いの。触らないで!」

娘:「どうして?」
嫁:「どうしても」

娘「ココが痛いの?」
嫁:「@?#&!!」

その後、烈火の如く怒っていました。
私は、それを横目に見ながら朝に備えて寝ました。

お陰で今日も無事起きれました。
今日もBlogPeople「今日のラッキーさん」紹介の代筆です。
4日目です。

それでは、行ってみましょう!!

さあ、今日のラッキーさんは、

B.B.'sWebSpace

です。おめでとうございます。

PerlプログラマーB.B.さんの日々の叫びブログです。
春オフに参加されていたということで、nagasawaさんのお知りあいの方ですね。
さらに、Mac好きの方です。(私は本家LINUX派)

ところで、B.B.といえばコレを思い出すのは私だけではないと思います。
(「ベスト・ボクサーちゃうんかー!」と叫んだのを今でもおぼえています。)

プログラミング、グラビアアイドル、音楽と幅広い趣味をお持ちのようで、一言では語り尽くせない奥ゆかしいブログです。

その中で、一番興味をそそられた記事は、

♪手酌酒~ わかめ酒~

うははははははは~~~っっっっっ!
たのむ、ネタだと言ってくれ~~~~~っ<^^;>
(勝手に強調しました)
です。
先日イギリス(Manchester)でも女体盛りが行われたことからも分かるように、世界的に日本のアホな文化に対する興味が増大しているようです。
それを見越しての世界戦略だったら、ネタじゃないかも知れません。 ;)

それでは、B.B.さんに贈るお祝いジョーク 
"Let it be"(もちろんBEATLES)の替え歌で"Write in C"
(Perlは無かったのでCで我慢してください。)

When I find my code in tons of trouble,
Friends and colleagues come to me,
Speaking words of wisdom:
Write in C.

僕が、コーディングにそりゃーすごく困っている時、
友達と同僚が、僕のところに来て、
良いアドバイスをくれたんだ、
”Cで書け”

As the deadline fast approaches,
And bugs are all that I can see,
Somewhere, someone whispers:
Write in C.

締め切りが迫る。
でも僕が見えるのはバグだけなんだ。
どこかで、だれかがささやいている、
”Cで書け”

Write in C, write in C,
Write in C, oh, write in C.
LOGO's dead and buried,
Write in C.

”Cで書け”、”Cで書け”
”Cで書け”、そうさ”Cで書け”
LOGOは死んで、葬り去られたんだよ、
”Cで書け”

I used to write a lot of FORTRAN,
For science it worked flawlessly.
Try using it for graphics!
Write in C.

僕も昔はフォートランでいっぱいプログラムしてたさ、
科学で使うには、欠点がなかったしね。
でも、グラフィックにフォートランを使って見たら分かるよ、
”Cで書け”

If you've just spent nearly 30 hours,
Debugging some assembly,
Soon you will be glad to
Write in C.

もし君が30時間も、
デバッグとアセンブルに費やしていたんだとしたら、
すぐに君は喜んでやるだろう、
”Cで書け”

Write in C, Write in C,
Write in C, yeah, Write in C.
BASIC's not the answer.
Write in C.

”Cで書け”、”Cで書け”
”Cで書け”、そうさ”Cで書け”
ベーシックは答えじゃないんだ、
”Cで書け”

Write in C, Write in C
Write in C, oh, Write in C.
Pascal won't quite cut it.
Write in C.

”Cで書け”、”Cで書け”
”Cで書け”、あー”Cで書け”
パスカルはそんなに上手くいかない、
”Cで書け”

最後に、今日の他の代筆さんは、

聖幸さん

じゅじゅさん

みゆさん

うなさん

channel5さん

noritamaさん

の皆さんです。総勢7人で紹介です。

後1日です。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

100 Questions 5

ジョークサイト開設者に100の質問」に答える第5回。

Q41.どんなときにネタを思いつくことが多いですか?
ニュースを読んでいる時。
それと、お茶している時(イギリスなのでお茶は欠かせません)。
最近は、他のブログの記事を読んでいる時もネタを思いつきます。
この場合は、ついでにトラックバックスパムも送ってます。 コレコレ です。

Q42.一度公開したネタの削除には、賛成ですか、反対ですか? また、その理由を教えてください。
賛成です。
私の場合、著作権を確認せずに掲載してしまったのがあったので速攻消しました。
後から読むと’なんじゃこりゃ?’と思うような記事は、恥ずかしくても消してないです。(修正はしましたけど。)

Q43.ネタ作りのために毎日欠かさずすることがあれば教えてください。
ニュースを見ることです。
それと、ジョークサイトをチェックすること。
面白いのがあれば、Clip!したり、ネタ帳に記録します。

Q44.広く浅く受けるネタと狭く深く受けるネタのどちらを支持しますか?
狭くそして浅く受けるネタです。
なるべくシュールなジョークを取り上げるように努力してます。
ところで、深く受けるジョークって想像できません。理解するのに時間が掛かるってこと?

Q45.ネタ帳を持っていますか? それはどんなものですか?
持ってます。
学校では、ミスプリントの裏、家では広告の裏です。
基本中の基本です。
それでも、外を歩いてる時にひらめいたネタを記録することができないので、ICレコーダーが欲しい今日この頃です。

Q46.ネタが出来上がったら誰か(身近な人)にまず読んでもらいますか?
研究室のイギリス人にジョークが面白いか聞いてみることもありますが、基本的には出来た瞬間投稿です。
でも、そのため記事にしてから間違い発見&修正を加えることも良くあります。
一期一会の精神に則り、できるだけ初稿で良いものを作りたいと思ってますが、後から良いネタを思いつくことも多いので . . .

Q47.あなたの笑いのルーツになるもので、舞台(テレビ番組、映画、演劇など)にあたるものは何ですか?
関西人なので吉本新喜劇でしょう。
そして、イギリスではRed Dwarfがお気に入りのSit Com(situation comedy)です。
Red Dwarf DVD-BOX 1



おすすめ平均

Amazonで詳しく見るB00007J59Y
ロボットがイかします!主人公はララ・クロフトの執事の人です。

Q48.あなたの笑いのルーツになるもので、人(コメディアン、作家など)にあたるものは何ですか?
同じ奈良出身の明石家さんま師匠でしょう。多分。
イギリスではローワン・アトキンソンです(何気にオックスフォード卒だったりします)。

そして、忘れてならないのがモンティ・パイソンです。
メンバーの一人が既に他界しており活動休止状態ですが世界に冠たるすばらしいコメディアンだと思います。
なんと6人のメンバーのうち3人がケンブリッジ!!、そして2人がオックスフォード卒というインテリ集団だったりもします。
というわけで、私も彼らのようなユーモアのセンスを身につけるため日夜ケンブリッジで勉学に励んでます。 ;)

Q49.あなたの笑いのルーツになるもので、本(漫画、書籍など)にあたるものは何ですか?
私の一番すきな漫画は、
ついでにとんちんかん (1)
えんど コイチ




Amazonで詳しく見る4086181827

でした
連載開始当時、衝撃的でした。
しかし、半年位でジャンプ特有の無理な延長がたたって駄作になってしまいました。
ジャンプの漫画って、どうして尻すぼみが多いのか?読み切りで面白いのを無理に連載にして作品を台無しにしてばっかりだと思います。

Q50.半分まで到達しましたよ。
これからトライしてみたいジャンルのネタがあれば、教えてください。
18禁ネタ。まだ15禁までしか書いてないはず。
そして、普通の日記。

やっと半分終りました。

それでは、次に続く

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Today's Lucky Blog - 3 May

昨日は、大学から戻って、娘とルパン三世Part24時間見続け、 CMへ入るときのジングル(「ルパン・ザ・サーード  あれっ」っていうやつ) が頭から離れません。

こんな風にルパン三世漬けで育ったら、
娘はどうなってしまうのか?と心配してます。

おはようございます。

今日もBlogPeople「今日のラッキーさん」紹介の代筆です。
(”なんのこっちゃ??”と思った方はコチラ)

3日目です。
イギリスは朝4時です。早寝早起が習慣になって来ました。
ナチュラル灰で行きたいと思います。

さあ、今日のラッキーさんは、

rico Blog  

です。おめでとうございます。

NYに留学経験がある、ricoさんの日記的ブログです。
やはり、女性の方の日記は、読んでるとストーカーになった気分です。

じゅじゅさんをはじめ、留学or海外生活経験のある女性のブログをよく目にしますが、皆さん活発で理知的で良い感じです。
それに比べて、うちの嫁さんは. . .

今日も私との共通点を探してみました、すると

突然ですが、私のシンボルカラーは“赤”です。
(略)
でも、以前は結構“朱赤”だったのが、年令が上がるにつれて“ワインレッド”へと移行しています。
(勝手に省略、強調しました)

私もワインレッド好きです。何故かというとあずき色100%だからです。
(以前にも書きましたが、この色です。)

そして、最新のエントリーに紹介されている"賞味期限チェック"をやってみました。

poohotosamaさんが人間として使えるのは2015年5月12日まで。約43歳までです。 全体から考えると良くも悪くもなく普通の数字です。 特に大物になろうとしない限り、平々凡々と人生を過ごすだけならちょうどいい賞味期限といえるでしょう。

まだ賞味期限内でした。しかし、"男"の賞味期限は過ぎてました . . .

最後に、今日の他の代筆さんは、

聖幸さん

じゅじゅさん

みゆさん

channel5さん

の皆さんです。お疲れ様です。









Continue reading "Today's Lucky Blog - 3 May"

| | Comments (3) | TrackBack (3)

LINUX Penguin

今日は、お昼からLINUXのペンギンを作っていました。

研究室のイギリス人がココを教えてくれたからです。
(要Acrobat Readerです。)

完成形は↓(そのイギリス人作)
penguin

今のところの進捗状況は30分で↓

製作途中

結構難しい。GWの暇つぶしに皆さんもどうですか?

休みの日に大学に来てペンギンを作っている私っていったい . . .

| | Comments (85) | TrackBack (0)

Today's Lucky Blog - 2 May

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

朝起きてベッドを見ると
娘(3歳)が90°回転していて、
わが娘ながら豪快な寝相だと
将来が少し心配になっているpoohotosamaです。

今日も無事起きることができました。

昨日に引き続きBlogPeople「今日のラッキーさん」紹介の代筆です。
それって何?って言う人は、ココをチェック。


さあ、今日のラッキーさんは、

日常”珈”飯事

です。おめでとうございます。

'憧れ'の脱サラ珈琲豆屋さんbe happyさんによる珈琲に関するだいぶいい話です。

私はイギリス在住なので、残念ながら紅茶党かと思いきや、
毎日マグカップ2杯はコーヒーを飲んでます。

しかし、イギリス生活が長くなったせいか、最近味覚が衰え、
コーヒーの良し悪しを語ることなど到底無理ですが、
インフォメーションの、

・専門学校時代:世は、LAメタルの時代だったが、 「そんな軟弱な」と言いながらIRON MAIDENを聞くようになる

のところに共通点を見出しました。(勝手に強調しました)

多分↓が懐かしいんではないでしょうか?

Power Slave
/ Iron Maiden
発売日 1998/10/28
売り上げランキング 6,754


Amazonで詳しく見るB00005GKZ2

私も大好きでした。今も、持ってます。NWOBHM史上に残る名盤ですね。

それでは、"恒例"のbe happyさんに贈るお祝いジョークを 'How to serve a cup of Coffee'

The young clerk's responsibilities included bringing the judge a hot cup of coffee at the start of every day. Each morning the judge was enraged that the coffee cup arrived two-thirds full. The clerk explained that he had to rush to get the coffee delivered while it was still hot, which caused him to spill much of it along the way.

若い事務員の仕事には、裁判官に毎日仕事初めにコーヒーを届けることが含まれていました。
毎朝、裁判官は、'カップの2/3しか入ってない'と怒ります。
その事務員は、'熱いままコーヒーを届けるためには急がなくてはならないので、来る途中でこぼしてしまうのです'と説明しました。

None of the judge's yelling and insults produced a full cup of coffee, until he finally threatened to cut the clerk's pay by one-third if he continued to produce one-third less than the judge wanted.

何回裁判官が怒っても、怒鳴っても、カップいっぱいのコーヒーは出されなかったので、終いに、これ以上カップいっぱいより1/3少ないコーヒーを出すなら、給料を1/3減らすと脅しました。

The next morning he was greeted with a cup of coffee that was full to the brim, and the next morning and the morning after that. The judge couldn't resist gloating over his success and smugly complimented the clerk on his new technique.

次の朝、裁判官は'ふち'までいっぱいのコーヒーに迎えられました、その次も、その次の朝も同じでした。
裁判官は、事務員が上手くやったので誉めずにいられず、気取って事務員の新しいテクニックにお世辞を言いました。

"Oh, there's not much to it," admitted the clerk happily,

事務員は答えて、
「ああ、そんなの大したことないですよ、


















"I take some coffee in my mouth right outside the coffee room, and spit it back in when I get outside your office."

コーヒーを入れる部屋のすぐ外でコーヒーを口に少し含んで、あなたの部屋のすぐ外でそれをカップに吐き出してるんですよ。

やっぱり仕事始めのコーヒーは大切ですね。 ; )

最後に、今日の他の代筆さんは、

聖幸さん

じゅじゅさん

みゆさん

うなさん

channel5さん

の皆さんです。チェックして比較してみて下さい。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

EU Expansion

今日のラッキーさん」を希望の方はコチラモダシンさんからのリンクがトップページにきてるのを忘れてました)

今日は、記念すべきEU拡大の日です。(BBCニュース
なんと一気に10ヶ国も増えます(これで当社比1.66倍の25ヶ国です)。

私は、新加盟国の内、チェコとハンガリーに行きましたが、すごく良いところでした。
旧共産圏の国だったので、最初ビクビクしていましたが、人々は異常に優しくて感激しました。
多分社会主義の理念に基づいてそういう教育を受けてきたからだと思いますが、全く病的と言って良いほど、弱いもの(老人、怪我人、子供連れ等)に優しかったです。
そういうところは見習わなくてはいけないと思いました。

これから物価が上がったり、隣のドイツ・オーストリアに職場を求めて行く人が激増して社会問題になることでしょう。でも、あの優しさは忘れないでもらいたいものです。

そして、ポーランドには、私の会社のライバル社があります。
はっきり言って、人件費が激安なので立ち打ちできません。
これまでは、市場が重なることが殆んどなかったのでそれほど問題ではありませんでしたが、これからはEU圏内で争うことになるかも知れません。

ポーランドのEU加盟によって、さらに市場を拡大するか、はたまた人件費の増加によって競争力を失うかが焦点です。

バルト三国は、リガ(ラトビアの首都)がすごく良いところでヨーロッパで人気の観光名所になりつつあることぐらいしか知りません。前に通っていた英語学校で知り合ったラトビア人の女性が、英語ガイドになるために勉強しに来たと言っていたので結構、観光客が多いようです。

と取り留めもないことを書きましたが、本当はえいはんストアさんで

JUDAS PRIEST 30周年マンセー

という記事を見て書き始めたのでした。私のB.G.M.は、

British Steel
/Judas Priest
発売日 2001/05/29
売り上げランキング 76,079


Amazonで詳しく見るB00005K9LN

です。

British Steelって実在の鉄鋼会社の名前だって知ってましたか?

今はオランダの鉄鋼会社と合併してCorus(コーラス)というナンパな名前になってしまいました。
メタル魂をなくしたせいかどうか分かりませんが、最近の業績最悪です。

やっぱり、前半と後半を繋げるのは無理がありました。
これを繋げられたら、nagasawaさんの賛辞を遠慮なく受けられるのですが . . .

以上、Metallurgistの独り言でした。

| | Comments (92) | TrackBack (0)

100 Questions 6

ジョークサイト開設者に100の質問」に答える第6回。

Q51.あなたにとってのジョークとはなんですか。「ジョークとは~である」という型式で答えてください。
(笑いを取るための短文、といった字義通りの「定義」ではなく、気の利いたものに例えてみて下さい)
ジョークとは、パブで飲んでいる時に聞くと10倍位面白く思える人生の格言
素で聞いても面白いものは、飲んでる時に聞くともっと面白い。
でも、頭をひねるジョークは、飲んでる時に聞いてもよく分からないので注意。

Q52.ここからはサイト活動とは離れた質問になります。
どのような音楽がお好きですか?
HR/HM おもにブリティッシュ・ロック
そして、年に一回位は今も↓を聞きます。
アルバム画像ローリング・ドドイツ
/モダンチョキチョキズ
発売日 1992/07/22
売り上げランキング 153,821


Amazonで詳しく見るB00005G5W1

ボーカルの濱田マリちゃんは有名ですが、他のメンバーもスタジオミュージシャン上がりなので腕も確かです。特に、シングルカットされた「新・オバケのQ太郎」は、お気に入りでした。
曲間に”ダジャレ担当”(だったと思う)のフィリップ君がダジャレを披露してくれるのも良かった。
次のアルバムからは、遊び心がなくなってしまって面白くなくなったが、この1stはいつ聞いても新鮮。

最近の情報は無いかググってみると、モダンチョキチョキズのファンのブログを発見しました。
面白いのでチョキチョキ、もといチェックしてみて下さい。

Q53.自分が一番自慢できることはなんですか?
公害防止管理者(大気)の資格を持っていること。
以前から何回か、”環境に優しいpoohotosamaが〜”という記事(例えばコレ)を書いていますが、本当に優しいんです。

Q54.あなたの最大のコンプレックス(劣等感)は何ですか?
公害防止管理者(水質)の試験に落ちたこと。
水の味が分からないと落ちます(嘘です)

Q55.一度やってみたいスポーツはなんですか?
ポロ(なんじゃそりゃ?っていう方はコチラ
ポロシャツってポロするためのシャツなんですよ。
でも、馬に乗れないからできないんですよ . . .

Q56.絶対にやりたくないスポーツはなんですか?
オージーボール(ルールはコチラ
ラグビーなんか比べものにならないほど激しいフットボールです。
知らない人が見たら、喧嘩しているようにしか見えません。

Q57.あなたが「絶対にこれだけは仕事にしたくない」職業(あるいは仕事)は何ですか? またその理由は?
医者
注射が大嫌いなので。
さらに、を見たら気を失いそうになるので絶対に無理。

昔、ラグビーやってた時に、ルーズボールにセービング(マイボールにするために飛びつくこと)したら、味方がそのボールをクリアしようと蹴りにきてて、思いっきりボールの代わりに顔を蹴られて鼻を骨折したことがあります。
怪我の痛さより、鼻血でユニフォームが真っ赤に染まったのを見て気絶しました。(1、2分で気がつきましたが)

Q58.「これをするぐらいなら、死んだほうがマシだ」と思うことは何ですか?
他人に注射弾丸摘出(そんなチャンスないと思うけど)。

Q59.最も軽蔑する人物像を教えてください。
お約束ですが、機動戦士Vガンダムに出てくる、カテジナさん

Q60.ここ最近で最も疎外感を感じた実体験を教えてください。
もうアンケート中で3回目ですが、折角掲示盤を作ったのに、2週間も誰も書き込んでくれなかったことです。
今は、お二人の方に書き込んで頂けて幸せですが、やっぱり書き込みが少なくて寂しい今日この頃です。

今日は、バンクホリデー(イギリスの祝日のようなもの)で、誰も大学に来てなかった。ショック。
お昼、暇だったのでペンギンを完成させて(↓)、コレを気合い入れて書いてみました。

DSCN6618_2.jpg
右がイギリス人作(TUX)、左が私の作(PEN)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Today's Lucky Blog - 1 May

今日から5日間 いつもModern SyntaxのnagasawaさんがやっておられるBlogPeopleのランダムピックアップ「今日のラッキーさん」の紹介を代筆することになりました。

ふつつかではございますが精一杯勤めさせていただきます。

今回は、他にも紹介する人がいらっしゃいますので、負けないように頑張りたいと思います。
(どうやって勝敗を決するかは秘密です)

nagasawaさんは、いつも紹介する前、気持ちを高めるとおっしゃっていたので、ここからテンションを上げていきたいと思います。(イギリスは朝の4時なので、頭がまだぼーっとしてます。)

さて、初日のラッキーさんは、

KotoDama

です。

29歳OLのkeyさんの日記です。
いつも思いますが、こういう他人の日記、特に女性の日記を読むと、なんだか盗み見しているみたいで恥ずかしくなります。

そして、最後の記事が、3月16日で

頭痛がひどいです。イミグランもロキソニンもセデスも効かないよ!! 今日はもう寝ます(死)

大丈夫でしょうか?永眠なんてことないですよね?

それでは、keyさんに贈るお祝いジョーク 'Big Headache'
(一応12禁なので、小学生のみんなはこの先読んだらだめ!)

A man tells his boss he can't come into work today bcause he has a headache. His boss replies "Do you know what I do when I get a headache? I have sex with my wife. Why don't you try it?" The next day the man comes back to work and says "Thanks for the good advice! I feel much better.

ある男が上司に’頭痛で会社に行けません’と言いました。
上司は答えて言いました、
「私が頭痛になったらどうするか知ってるか?私の妻とHするんだよ。やってみたらどうだ?」

次の日、その男が会社に来て言いました、
「アドバイスありがとうございました! すっかり良くなりました。」

His boss says "It's no problem, glad my advice helped."

上司は言いました、
「そうか。私のアドバイスが効いて良かった。」

Just as he's leaving the man says "By the way,

ちょうど、上司が立ち去ろうとした時、その男が付け加えました。
「ところで、



















you have a nice house."

良いお家ですね。

出典:Funny.co.uk

これを読んで元気になっていただければ幸いです。

正直、他のブログの紹介って難しいです。やってみて初めて分かりました。
いつも20分程度でコレをやっているnagasawaさんの苦労が身に染みて分かりました。

今日の他の紹介者は、↓です。チェックして比較すると面白いと思います。

聖幸さん

じゅじゅさん

みゆさん

うなさん

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« April 2004 | Main | June 2004 »