« The Truth Is Always Only One | Main | 100 Questions 3 »

Porsche Smells Bad

今日のデイリージョークメールは面白かったので、2つ紹介。


A young girl (18-ish) walks into a prestige car sales room.
Looks around at all the Porsches, Lamborghini's, Jags etc., and says to the salesman
"can I have the red one?" - a top of the range Porsche.
" I'll pay cash!" and starts taking handfuls of tens out of a carrier bag until she gets to the right price.

一人の若い女性(18歳くらい)が高級車のショールームに行きました。
ポルシェ、ランボルギーニ、そしてジャガー(イギリスでの発音はジャギュアー) 等を見回してから、店員に言いました、
「あの赤いのもらえるかしら?」(それは最高級クラスのポルシェでした)

「現金で払うから!」
と言って鞄から10ポンド札を掴み出し続けました。
そして、最後には値段分のお金を積み上げました。


The deal is finalized very quickly and the girl drives it away. She is back 2 days later -
"I want my money back...it smell awfully bad when I use the brakes" she states emphatically.


契約はあっと言う間に終り、その少女はポルシェに乗って帰りました。
二日後、その少女は戻ってきて言いました、
「お金を返して欲しいの、
なんだか凄い匂いがするのよ、
ブレーキをかける時に。」


Not wanting to lose the sale (having taken cash and fiddled the books)
the manager decides to ride in the car with her 'in case she is not driving it properly'

折角の売上を失いたくなかった(お金をもらってるんだし、時間を浪費したくなかった)ので、 支配人が、彼女と車に乗って、彼女がちゃんと運転しているかどうか確かめることにしました。


He gets in and she roars out of the dealership, drops it into second gear at 55 mph, floors the pedal again and slips into 3rd at 80mph does a handbrake turn into a country lane and then really starts to accelerate. 120mph into 4th gear; 5th at 145mph.
The engine is screaming, trying to leap out of the bonnet when it reaches 170mph.

支配人は車に乗り込み、少女はエンジンをうならせてショールームを出ました。
55mph(約90km/h)で二速に入れ、アクセルをべた踏みして、80mph(約145km/h)で三速に入れました。
そして、ハンドブレーキを使ってターンし、田舎道に入りそこから'本当に'加速し始めました。
120mph(約190km/h)で四速に入れ、145mph(約235km/h)で五速に入れました。
170mph(約270km/h)に到達した時、エンジンはきしみ、今にもボンネットから飛び出しそうでした。


The scenery is a green blur the G-force has him pinned in the seat.
In the distance, to his relief, the barriers of a railroad crossing are beginning to come down and she will have to slow down (he thinks!)
instead the pitch of the engine increases.
100 yards from the crossing she slams on the brakes and the car stops inches from the barrier.

周りの景色は、緑がかすんでいました。凄いGのために彼はシートに抑え付けられていました。
遠くに、踏切が見えて、遮断器が降りかけているのを見て、彼は'ほっ'としました。
少女は、減速するはずでした(彼はそう思ってました)。
しかし、エンジン音はさらに高くなりました。
踏切から100ヤード(約91m)手前で、少女はブレーキを思いっきり踏みました。
そして、車は遮断器から数インチ手前で止まりました。
彼女は言いました、





















マネージャー:「おぇ〜っっっっっっっっっ」

"Can you smell it?" she says.

「ほら匂うでしょ?」
隣に人を乗せてなければ問題ないでしょう。

※追記:あまりにも反応がなかったので、ヒントを書きました。

映画「TAXI」を見てると面白さ30%増しだと思います。

もう一つ
----
Co-workers sympathized as my mother complained that her back was really sore from moving furniture.

私の母が家具を”動かそうとして腰を痛めた”と文句を言うと、同僚はみな同情してくれました。


"Why don't you wait till your husband gets home?" someone asked.

同僚のひとりが聞きました、
「どうして、だんなさんが家に帰ってくるまで待たなかったの?」


"I could," my mother told the group,

母は、同僚に言いました、
「待てたけど . . .



















"but the couch is easier to move if he's not on it."

でも、ソファーは、旦那が上に乗ってない方が簡単に動かせるから



出典:A-Grin-A-Day.Com

|

« The Truth Is Always Only One | Main | 100 Questions 3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/575826

Listed below are links to weblogs that reference Porsche Smells Bad:

« The Truth Is Always Only One | Main | 100 Questions 3 »