« An Englishman and an Irish man | Main | Towards The Top Ten »

The Proxy Father

何を間違ったか、このブログを英語学習ランキングに登録してから、1週間足らずでベスト30入りしています。

みなさんが活きた英語を学べてボタン(サイドバー中ほど)押して下さっていると信じて、"英語の奥の深さ"を知ることのできるジョークを。

テーマはダブルミーニングです。

※申し訳ありませんが、15禁です。
中学生以下の人は、大きくなってから活きた英語を勉強して下さい。

The Smiths had no children and decided to use a proxy father to start their family. On the day the proxy father was to arrive, Mr. Smith kissed his wife and said, ''I'm off. The man should be here soon."

スミス夫妻は子供ができず、家族を増やすために'代理父'を使うことにしました。
代理父が来ることになっている日に、スミス氏は夫人にキスして言いました、
「私は外に出ているよ。その人はすぐにここに来るはずだ。」


Half an hour later, just by chance, a door-to-door baby photographer rang the doorbell, hoping to make a sale. ''Good morning, madam. You don't know me but I've come to....''
''Oh, no need to explain. I've been expecting you,'' Mrs. Smith cut in.

30分後、偶然、赤ちゃんの出張写真サービスの男が、売り込みのために呼び鈴を鳴らしました。
「おはようございます、奥様。あなたは私をご存知ないと思いますが、私が参りましたのは . . .」
スミス夫人は言葉を遮り言いました、
「えー、説明の必要はありません。待っておりました。」

''Really ?'' the photographer asked. ''Well, good! I've made a specialty of babies.''
''That's what my husband and I had hoped. Please come in and have a seat. Just where do we start?'' asked Mrs. Smith, blushing.

写真屋は尋ねました、
「本当ですか? それなら結構です。私は 特別な赤ちゃんの写真を撮る(赤ちゃんを作るの)が得意です。」
夫人は顔を赤らめながら尋ねました。
「それが、私と夫の欲しいものです。どうぞ入って、お掛けになって下さい。それでは、何から始めましょうか?」


''Leave everything to me. I usually try two in the bathtub, one on the couch and perhaps a couple on the bed. Sometimes the living room floor is fun too; you can really spread out.''
''Bathtub, living room floor? No wonder it didn't work for Harry and me.''

写真屋:「全て私にお任せ下さい。普通、2回バスタブで撮って(やって)、1回ソファーの上で、そして、多分何回かベッドでも撮り(やり)ます。リビングの床の上で撮る(やる)のも面白いですね。広いスペースが有効に使えますからね。」
夫人:「バスタブ、リビングですって?ハリーと私がやった時は、全然効果がありませんでしたよ。」


''Well, madam, none of us can guarantee a good one every time. But if we try several different positions and I shoot from six or seven angles, I'm sure you'll be pleased with the results.''
''I hope we can get this over with quickly,'' gasped Mrs. Smith.

写真屋:「ええ、奥様、毎回うまくいくことなんて誰も保証できませんよ。でも、何回か違う場所(体位)を試して、6、7箇所撮れば(攻めれば)、きっとあなたも満足なさるでしょう。」
夫人:「できるだけ速く終らせたいのよ。」


''Madam, in my line of work, a man must take his time. I'd love to be in and out in five minutes, but you'd be disappointed with that, I'm sure.''
''Don't I know!'' Mrs. Smith exclaimed.

写真屋:「奥様、私の仕事の性格上、時間を掛けなければいけません。私も5分の出入り(出し入れ)で済ませたいですが、きっと、あなたはがっかりしますよ。」
夫人は大声でいいました、
「そんなこと知るもんですか!」


The photographer opened his briefcase and pulled out a portfolio of his baby pictures.
''This was done on the top of a bus in downtown London.''
''Oh my god!!'', Mrs. Smith exclaimed, tugging at her handkerchief.

写真屋は、ブリーフケースを開いて、赤ちゃんの写真の作品を取り出しました。
「これは、ロンドンの繁華街で、バスの上で撮った(やった)時のものです。」
夫人は、ハンカチを手繰りよせて叫びました。
「なんですって!!(”なんて素晴らしいの!!”とも取れる)」


''And these twins turned out exceptionally well when you consider their mother was so difficult to work with.'' The photographer handed Mrs. Smith the picture.
''She was difficult ?'' asked Mrs. Smith.

写真屋:「そして、この双子は非常によく撮れ(でき)ましたが、この子たちの母親は、仕事が凄くやりにくかったです。 」
夫人:「やりにくかったですって?」


''Yes, I'm afraid so. I finally had to take her to Hyde Park to get the job done right. People were crowding around four and five deep, pushing to get a good look.''
''Four and five deep?'' asked Mrs. Smith, eyes widened in amazement.

写真屋:「残念ながらそうです。最終的に、私は彼女をハイドパークに連れていって仕事をこなしました。よく見ようと、4重にも5重にも人垣ができました。
夫人(びっくりして目を見開いて):「'4重にも5重にも'ですって?」


''Yes,'' the photographer said.
''And for more than three hours too. The mother was constantly squealing and yelling. I could hardly concentrate. Then darkness approached and I began to rush my shots. Finally, when the squirrels began nibbling on my equipment, I just packed it all in.'' Mrs. Smith leaned forward.
''You mean they actually chewed on your, eh......equipment ?''

写真屋は続けました、
「はい。その上3時間以上掛かりました。その母親は、定期的に叫んだり、わめいたりしてましたので、私は全然集中できませんでした。あたりが暗くなってきたので、私は急いで撮り(スパートし)始めました。そして、リスが私の'道具'をかじり始めた時に、それをしまいました。」
スミス夫人は身を乗り出して尋ねました、
「本当にあなたの、えーっと、'道具'を噛んだんですか?」


''That's right. Well madam, if you're ready, I'll set up my tripod so that we can get to work.''
''Tripod??'', Mrs. Smith looked extremely worried now.

写真屋:「ええ、その通りです、奥様。もし、準備ができていらっしゃいましたら、仕事ができるように三脚を準備します。」
この時、夫人は非常に心配した面持ちで尋ねました、
「三脚ですって?」


''Oh yes, I have to use a tripod to rest my Canon on. It's much too big for me to hold while I'm getting ready for action. Madam ? Madam?..... Good Lord, she's fainted!''


写真屋:「ええ、そうですよ。私のキャノンのカメラ(大砲)を置くのに使うんですよ。大き過ぎて、準備OKの間中、持ったままでいられないですよ。

奥様? 奥様? なんてこった、気絶しちゃったよ。」

面白かった人は、サイドバーの英語学習ランキングに投票して下さい。
こういうジョークで英語を覚えるのが良いかどうかは分かりませんが . . .

出典:Funny.co.uk

|

« An Englishman and an Irish man | Main | Towards The Top Ten »

Comments

Thanks. Valuable stuff!

Posted by: エルメス バッグ トート | 12.03.2014 at 04:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/631520

Listed below are links to weblogs that reference The Proxy Father:

» 癌と蟹の [Deltamap::日記]
癌と蟹の関係英語の "Cancer" には「癌」と「蟹座」の意味がある。とくに語源など気にせずに覚えていたのだが、先日、イタリア語の文中に "cancro"... [Read More]

Tracked on 22.05.2004 at 02:40 AM

« An Englishman and an Irish man | Main | Towards The Top Ten »