« A Farmer in Court | Main | Porsche Smells Bad »

The Truth Is Always Only One

うちは、TVがないので、娘はパソコンでまんがを見ています。 私の好きな「ルパン三世」part IIを良く見ています。 part Iは大人の世界なので気に入らないみたいで、part IIIは不二子ちゃんが可愛くないので嫌いなので、殆んどいつもpart IIです。

ルパンと並んで、娘のお気に入りなのが「名探偵コナン」です。
先週の土曜日に映画「ベイカー街の亡霊」を見ていたので、なんとなく思いったって、一昨日、家族サービスでロンドンのシャーロックホームズ博物館に行きました。

有名なベイカーストリート221b番地は、コナンドイルが生きていた時代は、無かったそうです。
その後、ベイカーストリートが北に伸びて本当に221b番地ができました。

↑のシャーロックホームズ博物館は、実は221b番地にありません。
221b番地にはAbbey Nationalという銀行があります。
それで、この銀行ができてからというもの世界中からホームズ宛の手紙が届くそうです。
そこで、Abbey Nationalはホームズ宛の手紙に対処する秘書を雇っています。
彼(彼女かも?)は、「どんなタバコを吸ってるんですか?」とか「どうして結婚しなかったんですか?」という質問に毎日答えているそうです。(詳細はココ

そして、221b番地のAbbey National銀行にはシャーロックホームズの銅像がありました。

(もし「トリビアの泉」でとりあげられてなかったら、「へぇ〜」って言ってもらえるとうれしいです。)

で、そのAbbey Nationalを過ぎてもうちょっと北に行くとお目当てのホームズ博物館がありました。
1階はショップで、ベイカーストリートのプレートや、玩具のパイプ、ホームズのような帽子が売ってました。

2階から上が博物館になっていて、2階には本物のワトソン博士がいました。
娘と一緒の写真を撮らしてくれました。

3階と4階はろう人形の展示室になってました。
(近くにマダムタッソーというろう人形で有名なミュージアムがあるからかな?)

3階には、ホームズの宿敵、”悪の巣窟”モリアーティー教授のろう人形がありました。

moriarty.jpg

↑は、モリアーティー教授の写真を見ながら、悪の計画を練っている娘(うひょひょひょ . . .)

本当は、ただのゲストブックです。下手くそながらも名前を書いているところです。

そして、そこにどんなことが書いてあるかチェックしていると、

----





















「真実はいつも一つ!」

. . . . . .
(タイトルはそういうことです。)

だから私も、これに対抗して

----




















謎は全て解けた!

と書いてきました(嘘です)。

|

« A Farmer in Court | Main | Porsche Smells Bad »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The Truth Is Always Only One:

« A Farmer in Court | Main | Porsche Smells Bad »