« Driver's License Exam | Main | A Poor Little Guy »

At the Girlfriends House

昨日は異常に暑くて、ついに大学のパソコンが完全にいかれてしまいました。

前に日記で書きましたが、パソコンのCPUファンのベアリングが割れて、CPUのオーバーヒートでダウンしてしまうので、パソコンのケースを開けて、扇風機でCPUを冷却していました。

一昨日は、この対策で乗り切れましたが、昨日はさすがに冷却が追いつかなかったようです。
難しい計算をさせると、動きがおかしくなり、画面が突然真っ黒になったまま動かなくなりました。

イギリスは概して涼しいので、クーラーがあるところは珍しかったです。車もエアコンなしがデフォでした。
しかし、昨年の猛暑の影響か、少しずつクーラーのあるところが増えてきているようです。

フランスでは、昨年の教訓(1万人以上もの老人が暑さで亡くなった)から、クーラーがバカ売れしているそうです。

というわけで家にクーラーがあるはずも無く、昨晩は寝苦しくて窓を開けてたら、朝寒くて目が覚めました。

それでは、前置きに全然関係なく、起き抜けからハードなジョークです。
一応15禁(中学生以下は読んだらいけません)


A girl asks her boyfriend to come over Friday night and have
dinner with her parents. Since this is such a big event, the
girl announces to her boyfriend that after dinner, she would
like to go out and make love for the first time.

ある少女がボーイフレンドに"金曜の夜、家に来て家族と一緒にご飯を食べて"と言いました。
これは、彼にとって一大事でした、というのも彼女が、"ご飯の後、出かけて、初めてエッチしよう"と告げたからです。


Well, the boy is ecstatic, but he has never had sex before, so
he takes a trip to the pharmacist to get some condoms. The
pharmacist helps the boy for about an hour. He tells the boy
everything there is to know about condoms and sex.

そういうわけで、その少年は有頂天になりました。しかし、彼はエッチしたことが無かったので、薬局に行ってコンドームを買うことにしました。
薬剤師の人は、1時間位少年の相手をしてくれました。そして、少年にコンドームとエッチに関して知っておくべきことを全て教えてあげました。


At the register, the pharmacist asks the boy how many condoms
he'd like to buy, a 3-pack, 10-pack, or family pack. The boy
insists on the family pack because he thinks he will be rather
busy, it being his first time and all.

レジで、薬剤師が少年に尋ねました
「コンドームは何個要る?3個入り、10個入り、それとも家族用※にする?」
少年は、きっと最初で最後だから、かなり必要だと思って家族用にしました。

※訳者注:普通、12個か24個入り。


That night, the boy shows up at the girl's parents house and
meets his girlfriend at the door. "Oh, I'm so excited for you to
meet my parents, come on in!"

問題の夜。少年は、ガールフレンドの家にやって来て、ドアのところで彼女に会いました。
「私、あなたが両親に会いに来てくれて、すっごくドキドキしてるわ。さあ、入って!」


The boy goes inside and is taken to the dinner table where the
girl's parents are seated. The boy quickly offers to say grace
and bows his head.

少年は中に入り、食事の席に着きました。そこには、彼女の両親が座っていました。
すぐさま、彼は、お祈りを捧げますと言ってうつむきました。


A minute passes, and the boy is still deep in prayer, with his
head down.

1分経ってもまだ、少年は深く祈りを捧げて、こうべを垂れていました。


10 minutes pass, and still no movement from the boy.

10分経っても、その姿勢のままでした。


Finally, after 20 minutes with his head down, the girlfriend
leans over and whispers to the boyfriend, "I had no idea you
were this religious."

20分経って、やっとガールフレンドが少年に囁きかけました、
「あなたにそんな信仰心があると思わなかったわ。」


The boy turns, and whispers back,

少年は、彼女に向かって、小声で答えました、












"I had no idea your father was a pharmacist."

「君のお父さんが薬剤師だったなんて聞いてないよ!」

出典:Funny.co.uk

でも、この少年は良い子だと思います。

最近、スウェーデンでは、クラミジアが大流行しているそうです。(BBCニュース)

そして、一年で感染者が倍になったということで、コンドームメーカーがコンドームエキスプレスという電話一本でコンドームを配達してくれる(有料。大都市に限る)を開始しました。でも、効果は疑問視されています。

みんな、誰がクラミジアを持っているか知っていると思ってるので、あんまり注意しないそうです(コンドームは4人に1人しか使ってない)。
また、女性は不妊症になる恐れがあるので十分気をつけましょうとお医者さんが言っています。

話は逸れますが、私の知人で不妊症の人がいて、いろいろ苦労話を聞いたことがあります。
不妊治療って大変ですよ、男女どちらの原因か特定するのも難しい上、効果が出るかどうか分からないのに高額の医療費が掛かるし、精神的な苦痛も相当あるようです。
その人は、幸運にも40歳の時に子供ができました。その時は、想像を絶するくらい嬉しかったそうです。
ちなみに掛かった総額は数百万円だそうです(そんなことを聞いてしまったデリカシーのない私...)。
不妊症は、実際"作り"初めて分かるので、高齢出産が比較的安全になったからと先延ばししていると、いざという時に困るかもしれません。
若いうちは、"できちゃったら"大変と思ってましたが、その話を聞いてから、"できて"ラッキーと思うようになりました。

閑話休題。
イギリスでは、パブや大学の寮のトイレにコンドームの自動販売機がありますので、酔っ払って"つい"って言う時に思い出せるようになってます。
また、ケンブリッジ大学の新入生パック(学校の案内等の入った封筒)の中に、性病の説明とコンドームとマイルーラ(これってブランド名だったかな?)が入っててちょっと面食らいました。

面白かったら、投票してくださいね! → コチラ

|

« Driver's License Exam | Main | A Poor Little Guy »

Comments

15禁Jokeはかなりきました(笑
新入生パックはマイルーラも入ってるなんて凄いですね。
きちんとやるなら、いくらでもしろ!ということですか。
超名門の余裕を感じます(笑

Posted by: kntmr | 09.06.2004 at 01:41 PM

> kntmr様
 
 いつもコメントありがとうございます。

 なんと、定期的なエッチは学力向上につながるそうです。

 http://eizo.tea-nifty.com/ganbare/2004/06/post_9.html

 そういうことを見越しての配布なのか?
 (本当は、イギリスはシングルマザーが異常に多いからだそうです。)

Posted by: poohotosama | 09.06.2004 at 09:46 PM

ご紹介ありがとうございます。
流石は学習blog、とても勉強になりました(笑

Posted by: kntmr | 11.06.2004 at 04:43 AM

いえいえ、どういたしまして。

Posted by: poohotosama | 11.06.2004 at 10:11 AM

Loans are getting to be offered by different quarters nowadays my website this news might come being a significant relief to students who pursued advanced degrees, only to graduate into an economy that have no room for the children.

Posted by: my website | 08.06.2014 at 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/738432

Listed below are links to weblogs that reference At the Girlfriends House:

« Driver's License Exam | Main | A Poor Little Guy »