« England vs Japan | Main | Old Lady's Wishes »

Desperate Beckham

日本代表のイングランド戦を見て、久しぶりにFootballが面白いと思ったのでFootballジョークです。

1998年のフランスワールドカップ直後のベッカムのお話。

一応15禁です。(中学生以下は読んだらいけません!)


David Beckham is on top of the main stand at Old Trafford ready to jump off after a nightmare first half of the Premiership and World Cup campaign. He's lost the World Cup for England by getting himself sent off and everyone and his dog hates him, Posh spice has dumped him for Michael Owen and Man United have put him on the transfer market for ten quid because he's playing rubbish.

デイビッド・ベッカムが、オールド・トラフォード(Manchester Unitedのスタディアム)のてっぺんにいました。彼は、プレミアリーグの前半とワールドカップでの'悪夢'のため、そこから飛び降りようとしていました。
彼は,'退場'になって、イングランドにワールドカップを持って帰ることができず、誰もが、そして、犬までもが彼を憎んでいました。ポッシュ(ベッカムの奥さん。元スパイスガールズ。当時はまだ結婚前だったと思う) は、彼を捨てて、オーウェンの元に行き、マンチェスター・ユナイテッドは、彼が下手くそなので、捨て値で移籍しようとしていました。


As he's about to jump off Father Christmas taps him on the shoulder and asks "Are you OK David?"

ベッカムが飛び降りようとしたちょうどその時、サンタクロースが彼の肩を叩いて言いました、
「大丈夫か?デイビッド。」


David explains how his life is a mess and gets ready to jump!

デイビッド はいかに彼の人生がメチャメチャになって飛び降りることにしたか説明しました。


"STOP!" shouts father Christmas. "I'll grant you any three wishes on the understanding that you do me a favour."

サンタクロースは言いました、
やめなさい。もし、一つお願いを聞いてくれたら、3つの願いを叶えてあげましょう。」


"That would be top!" says Beckham. "Cheers Father Christmas, thank you, thankyou."

ベッカムは言いました、
「そいつは素晴らしい!、ありがとう、サンタクロース、ほんとに、ほんとにありがとう。」


So Beckham lists his three wishes which are:

1) In the Argentina match he didn't kick the argy but shoots from the freekick and scores. ENGLAND go on to win the World Cup and he is a National Hero.

2) He marries posh spice and lives in happiness for evermore.

3) He is made best footballer in the world by FIFA and his wages go up to a million a week.

それで、ベッカムは3つの願い事をリストアップしました。

1)アルゼンチン戦で、うるさい奴(オルテガだった思う)を蹴らず※、フリーキックでゴールを決め、イングランドがワールドカップを獲得し、国民的英雄になること。

※訳者注:ベッカムは、オルテガを蹴って退場させられ、その後メディアに散々叩かれました。

2)ポッシュと結婚して、末長く幸せに暮らすこと。

3)FIFA最優秀選手に選ばれ、週百万ポンドに給料が上がること。


Father Christmas says OK all your wishes are granted. "Oh thank you thank you!!!" says Beckham. "What do I have to do?"

サンタクロースは言いました、
「OK。全ての願い事は聞き届けられました。」

ベッカムは言いました、
「ありがとう。ほんとにありがとう。それで、私は何をすれば良いんですか?」


Father Christmas tells Beckham to drop his pants and bend over.

サンタクロースは、ベッカムにパンツを脱いで、前屈みになるように言いました。


After a brutal rogering, Father Christmas asks Beckham how old he is.

激しい、xxx(自主規制)のあと、サンタクロースは ベッカムに"歳はいくつか"と尋ねました。


"24" replies Beckham.

「24歳です」
とベッカムは答えました。






















"You're a bit old to believe in Father Christmas!!" laughs the fat gay Man City fan.

「君は、サンタクロースを信じるには、ちょっと歳がいっているね」

太ったゲイのマンチェスター・シティーのファンが言いました。

面白かったら、投票してくださいね! → コチラ

出典:Funny.co.uk

その後、ベッカムは、みなさんご存知のように2002年のワールドカップでアルゼンチンを倒し雪辱を果たしました。

|

« England vs Japan | Main | Old Lady's Wishes »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/712734

Listed below are links to weblogs that reference Desperate Beckham:

« England vs Japan | Main | Old Lady's Wishes »