« Who Wants To Be A Millionaire? | Main | A Blonde on a Horse »

Hermes and Freaks

今日は、嫁さんと娘がパリから帰って来るのでロンドンまで迎えに行きました。

6度目のパリでした。

友達と一緒に、2泊3日でパリのSolde(セールのフランス語)に行っていました。
(私は、嫁さんの買い物に付き合いたくないので、そのフランスの友達に押し付けました。)

前にも書きましたが、嫁さんはエルメスが大好きなので、こちらに来てから欠かさずエルメスのソルドに行ってます。

今回も、それに合わせて行っていました。

初めて行った時、ソルド初日に朝の5時から並んで昼前にしか入れなかったのですが、初日以外は、そんなに混まないし、カバンには関係ない(店員の気分次第?)ことが分かったので、それ以来2日目以降に行ってます。
(でも、洋服・靴・小物などは初日の品揃えが良いそうです。多分。 by 嫁)

ちなみに、やはり初日だったので徹夜組がいました。私達が前の日の夕方にソルド会場を通ると既に並んでいる方が数名いました。朝になって、娘と散歩した後、嫁さんと合流しに行くと、列の最後が見えないくらい並んでいて、並んでいた人の150番目位まで全員日本人でした。

よく言われることですが、イギリス人と日本人は、世界で1,2を争う"列に並ぶのが好き"な国民で、フランス人、イタリア人などのラテン系の人は、並んでるフリはしますが、いざ始まると列を無視します。

ソルドでも、いきなりフランス人(多分)が、知らんフリして横入りしてくるそうで、行列整理の人も見てみぬフリで、日本人が抗議しても、我関せずで居座るそうです。

たまには、横入りする言い訳をするフランス人もいますが、その理由が面白い、
例えば、
私、並んでたわよ」(見え見えのウソつくな ヴォケー)
娘が病気で、並ぶ時間がないのよ」(看病しとけ ヴォケー)

大抵、気の弱そうな若い日本人の前に横入りするそうです。フランス人も分かるそうです。
嫁さんは、見るからに関わったら厄介そうなので、横入りされたことは無いと思います。:)

また、私が嫁さんを待っている間、向かいのカフェで観察していた限り、エルメスのソルドのお客さんの80%かそれ以上位が日本人です。パリなのに...
そして、毎回見る日本人の人がいます。多分、パリ在住の商社の奥様か、日本の平行輸入のバイヤー、もしくわ、嫁さんのような分をわきまえないエルメスフリークだと思われます。

さらに、商社の奥様は、主に下っ端の奥様が順番取りをして、上役の奥様が開店時間近くにタクシーで来て列に参加するので、初め20番くらいだった嫁さんの順番がどんどん後ろになっていきました。

中には、毎回1000万円くらい使ってるかもしれないホテル経営者(?)の人がいるそうです。 
by 嫁のよく会うエルメスフリーク

そして、ついに、今回、大物芸能人(紅白の常連のM氏)に遭遇したそうです(小物はよく見るそうですが、日本の情報に疎いので誰だか分かりません)。 :0

嫁さんが見てた限りでも、カバンを3つ以上、その他たくさんまとめ買いされていたそうです。
エルメスの店員さんとも親しくお話していたそうです。

ソルドでは、芸能人を見かけても、小声でひそひそするだけで、実際に声をかけてはいけないという暗黙の了解があるようです。

嫁さん&娘は、イギリスに越してきてから、もうパリに5回も行っていて、定宿もできて、ホテルの人に顔も覚えられているようです。

私には、ついていけない世界です...

最後に、日本では散々取り上げられていると思いますが、エルメスではありませんが、一応さすがだなと思ったので、

vuitton.jpg

リニューアルが終わるまであるそうです(3月に行った時もありましたが、写真撮ってなかったので)。
仮営業は、

vitton2.jpg

38 Avenue George V (ジョルジュ サンク通り 38番地)だそうです。
近々いかれる方は、ご参考になれば幸いです。 ;)

|

« Who Wants To Be A Millionaire? | Main | A Blonde on a Horse »

Comments

こんにちは

当分はパリには行きませんが、リニューアルで閉鎖するにしても、さすがにセンスはいいですね。日本では「緑色のネット」が定番ですが、ヨーロッパでは工事のネットも芸術的で愉しませてくれますね。それにしても、「移転の案内」が日本語でも書いてあるのは何とも恥ずかしいことですね。

記事を拝読して思い出しましたが、6年前にナポリで、レジの列に横入りした現地の人を注意したことがあります。幸いなことに、非を認めて謝罪してくれましたが、内心は怖かったです。なんせ、大男だったもので。私は外国語は全く出来ませんので、列の後方を指差して「ライン!」、と言っただけなんですけど。フロリダで、やはり横入りしようとした娘さんに係員が注意していた時に、その単語だけだったのを覚えていたのですが、通じてよかったです。どこにでも、そういう人はいるものですね。

あ、ランキング、上昇してきて嬉しいです。それでは

Posted by: poohpapa | 27.06.2004 04:55 PM

いつもコメントありがとうございます。

本当に、日本は輸出が黒字なのか?と疑ってしまいます。
車を輸出して、車と同じ値段のカバンを輸入してるので、不思議な気がします。

ブランド物の店に限らずヨーロッパでは、日本語で書いてあることが良くあり、旅行者には非常に便利だと思います。
そういう時だけは、旅行好きの日本人で良かったと思います。;)

ランキングもお陰さまで盛り返してきました。
ベスト10も射程圏に入ってきました。

それでは、「さめがめ」頑張ります!

Posted by: poohotosama | 28.06.2004 03:09 AM

A person essentially help to make critically articles I'd state. That is the first time I frequented your web page and so far? I surprised with the research you made to make this particular put up extraordinary. Great task!

Posted by: Jeana | 15.05.2014 05:24 AM

Greetings! Very useful advice within this post! It's the little changes that will make the most significant changes. Many thanks for sharing!

Posted by: Victorina | 27.05.2014 06:55 PM

Simply wish to say your article is as surprising. The clarity for your publish is just cool and that i could assume you are a professional in this subject. Fine with your permission let me to take hold of your RSS feed to stay updated with approaching post. Thank you 1,000,000 and please keep up the gratifying work.

Posted by: foto prewedding indoor | 06.05.2015 08:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Hermes and Freaks:

« Who Wants To Be A Millionaire? | Main | A Blonde on a Horse »