« Will the real bride please stand up! | Main | REAL GONE FISHING »

A story with a moral...

今日も昨日に続き結婚に関するジョークです。

多分、あまり役に立たない人生の教訓。

また15禁です。
中学生以下は読んだらいけません!!

----


I was happy. My girlfriend and I had been dating for over a year, and so we decided to get married.

私は幸せでした。
私と彼女とは、一年間交際を続け、結婚することに決めました。


My parents helped us in every way,my friends encouraged me, and my girlfriend?

私の両親はすべての面で協力してくれ、友人も私を励ましてくれました。
それで、私の彼女なんですが . . .


She was a dream!

彼女は、まさに理想の女性です!


There was only one thing bothering me, very much indeed, and that one thing was her younger sister. My prospective sister-in-law was twenty years of age, wore tight mini skirts and low cut blouses. She would regularly bend down when quite near me and I got many a pleasant view of her underwear.

ただ一つだけ困ったことがありました。実際、非常に困っていました。
その困ったこととは、彼女の妹でした。つまり、未来の義理の妹です。
彼女は、タイトなミニスカートとローカットのブラウスを着ていました。
そして、時おり私のすぐ前で屈んで、下着が見える楽しい瞬間がありました。


It had to be deliberate.

きっと、それはわざとだったと思います。


She never did it when she was near anyone else.

彼女は周りに誰かいるとそういうことはしませんでした。


One day little sister called and asked me to come over to check the wedding invitations. She was alone when I arrived. She whispered to me that soon I was to be married, and she had feelings and desires for me that she couldn't overcome and didn't really want to overcome. She told me that she wanted to make love to me just once before I got married and committed my life to her sister.

ある日、妹が電話をかけてきて、結婚式の招待状をチェックするために来て欲しいと言いました。
私が行くと、彼女は一人きりでした。そして、私にささやきかけました、
「もうすぐあなたは結婚してしまう。私はそんなことに耐えられないし、耐えたくもないの。」
そして、続けて言いました、
「あなたが結婚して義理の兄妹になる人生を受け入れる前に、一回だけ私としてほしいの。」


I was in total shock and couldn't say a word.

私は、完全にショックを受けて、言葉が出ませんでした。


She said, "I'm going upstairs to my bedroom, and if you want to go ahead with it just come up and get me."

彼女は言いました、
「2階の寝室に行ってるから、もし、する気があるんだったら来て。」


I was stunned.

私は呆然としました。


I was frozen in shock as I watched her go up the stairs. When she reached the top she pulled down her panties and threw them down the stairs at me.

私は、ショックを受けて、妹が階段を登っていく間固まっていました。
彼女が階段を登りきったところで、パンティーを脱いで階下の私に放り投げてきました。


I stood there for a moment, then turned and went straight to the front door.

私は、しばし立ち尽くしました。
そして、振り返ってまっすぐ玄関の方に行きました。


I opened the door and stepped out of the house.

扉を開けて家の外に踏み出しました。


I walked straight towards my car.

私は、まっすぐ自分の車の方に行きました。


My future father-in-law was standing outside.

そこには、未来の”義理の父”が立っていました。


With tears in his eyes he hugged me and said, "We are very happy that you have passed our little test. We couldn't ask for better man for our daughter. Welcome to the family."

義理の父は、涙を浮かべ、彼をハグして言いました、
「私たちは君が試験に合格して非常に幸せだ。
君以外に娘にふさわしい男はいない。
君は家族の一員だ!」

----













The moral of this story is:

Always keep your condoms in your car.

この話の教訓は、

コンドームは、いつも車の中にしまっておきましょう!

ということです。


出典:Funny.co.uk

面白かったら、投票してくださいね! → 英語学習ランキング

私は、これを読んだときコーヒーを吹いてしまいました。
もし、このジョークの反応があんまりなかったら、少し旅にでようと思います。嘘です。

|

« Will the real bride please stand up! | Main | REAL GONE FISHING »

Comments

私にしては珍しく途中でオチがわかってしまいました。
最近罠が貼り巡らされているせいでしょうか(笑

でもおもしろかったです。

Posted by: nagasawa | 03.08.2004 at 10:09 PM

残念!
オチが読めてしまっては、もう駄目です。

旅に出ます . . .探さないで下さい。













帰ってきました。

Posted by: poohotosama | 04.08.2004 at 03:50 AM

僕はいつもオチが読めません、鈍感ですね
おかげで楽しませてもらってます。

Posted by: neji | 04.08.2004 at 05:29 AM

おはようございます

これ、最初、ジョークだとは思いませんでした。
「不愉快な親父だな、人を試すなんて」、くらいに思ってました(*^^)v

なるほど・・・、ホントは拒絶した訳ではなくて、車にコンドームを取りに戻ろうとしたのですね・・・(まだ良く分かってない^_^;)

これは、本当に怖いジョークですね。
堪能しました。

Posted by: poohpapa | 04.08.2004 at 06:26 AM

違うオチを予想してましたので、この結末はいいオチで好きですね。
車内に保管できるゴム製品の性能って・・・じゃなくて使用頻度が高いのか?
なんていう方向のずれた感想が残りました。

Posted by: ハリケーン | 04.08.2004 at 08:03 AM

すばらしいオチで、思わず吹いてしまいましたよ!
でもなぁ、んな試験すんなよ、義父さんよ(^^;

Posted by: 江崎 彰 | 04.08.2004 at 02:24 PM

皆様、暖かいコメントどうもありがとうございます。

これで、旅に出ずに済みます。;)

私も将来、娘が結婚したいと言ったら、この方法を試して見ようかと思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
嘘です。すいません...

Posted by: poohotosama | 04.08.2004 at 02:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/1109615

Listed below are links to weblogs that reference A story with a moral...:

« Will the real bride please stand up! | Main | REAL GONE FISHING »