« A Taxi Driver | Main | Phoenix »

Cosy Pubs

なんと、悲しいことに日本の会社から帰国の日時の連絡がありました。

もうすぐ楽しかった留学生活からもおさばらです。

そこで、これからケンブリッジを訪れる人のためにガイドブックにはあんまり載っていない夜のケンブリッジ情報等をお届けして行きたいとます。

新しいカテゴリも作りました。

> Cambridge Walker

そして、まずは夜の生活(アレを除く)で一番大切なパブ(PUB)を紹介したいと思います。
☆は3つ満点で私の独断です。


The Waterside ☆☆☆

パンティングをして、ずうっとケム川を下っていくと最後の滝の手前にあります。
ジーザスグリーンという公園の横にあって、パントを泊めて一休みするには良いところです。
一番落ち着けるパブです。


The Eagle ☆☆☆(食べ物☆)

言わずと知れた、ケンブリッジで一番有名なパブです。
ちなみに、私の研究室から一番近いパブです。
17世紀から続く由緒正しいパブで、あのマックスウェル(ノーベル賞受賞者を大量に輩出したキャベンディッシュ※の創設者。本人もすごい人ですがノーベル賞はもらってません。)も通ったということです。
ケンブリッジに来てここへ行かないのは、京都に行って天下一品の本店に行かないのと同じです。
ちなみに、食べ物は美味しくありません。
夜に行ってください。

※キャベンディッシュはもちろんオールドの方です。
ニューキャベンディッシュはここを参照。


The Mill☆☆

私の通学路にあるパブで、以前紹介したDOJOのすぐ横にあります。
ユニバーシティーセンターの近くです。
パントを借りる前にサクッとビールやワインを買って行くのに便利です。
晴れている日は、ケム川沿いの芝生に座り込んで飲むこともできます。
週末は大人気です。


The Hogshead

安い。ただそれだけ。
以前も書きましたが、金曜の夜はすぐ前のParkers Pieceが無法地帯になるので危険です。
2階にあるビリヤード台の遊び方(ルール)が未だによく分かりません。
また、ハリーポッターの3以降に出てくるHogsheadは、このチェーン店から名付けたのかも知れません。
もちろん、バタービアはありません。:)



The Bath House

上で紹介したThe Eagleの横にあります。
可もなく不可もないパブ。
たまにお昼ご飯を食べます。
味は食べられるレベル。
The Hogsheadのチェーン店。
子供不可。


The Rat and Parrot

ケンブリッジで語学学校に行ってるときに何回か行ったことがありますが、若い人向けのパブです。
30過ぎの私には、ちょっと場違いな感じです。
The Watersideの姉妹店。
夜のデートコースの定番?


The Anchor ☆☆☆

私の一番お気に入りのパブです。
なんとなく雰囲気が良い。
ケム川沿いのベンチ席に座れれば最高です。
店内も、暖炉があったりソファーがあったりして良いです。


The Red Bull ☆☆

ちょっと市内から離れていますが、ここも良いパブです。
ここは、珍しく食べ物が美味しいところです。特にフライドポテトが美味しい。
アットホームな感じで店員の接客もGood!
サンデーローストもお薦め(もちろん日曜日のみです)。



The Cow
☆☆

ここは、パブと言うよりはレストラン。
石釜焼きのピザが食べられます(ケンブリッジで一番美味しいピザ屋さん。でも本場イタリアのピザには負けるね)。
店内も綺麗で、お昼のデートコースの定番?


The Regal ☆☆

一番よくお昼を食べに行くパブ。
2人で£6.5のセットを頼むとお得。
家族用スペースあり。
雰囲気は普通。


The Red Lion

ケンブリッジの郊外のグランチェスターにあるパブ。
パンティングでケム川を上ったところ(The Watersideと反対方向)にあり、帰る前に一杯ひっかけるところ。
家族連れで入れる(子供可)のが良い。
近くにあるThe Orchardというオープンカフェはアルコールが無いのでここで気持ちよくなる。
実は、最近チェーン店であることを知る。イギリス中にあります。


The Fifth Avenue

これだけパブではなくてクラブです。
毎週木曜は、留学生ナイトと言ってオリエンタルな音楽やスパニッシュな曲なんかが流れる。
ケンブリッジで一番人気のクラブ(だと思う)。
地元の人はFilthy(薄汚い)と呼んでます(店内はそこそこきれいです)。
若い人は是非どうぞ。
たまに、サッカーシャツで踊り狂うオヤジに遭遇できます。
Yuck!


語学学校でケンブリッジに来ることがあれば、クラスの人と夜はパブに行きましょう。
アルコールが入ると自然と饒舌になるような気がします。


そして、一番大事なことは、要所要所でこのサイトにあるジョークを披露して場を盛り上げることです!


ちなみに、わたしも、お金もらってません。

最後にCosyは、なんとなく居心地の良いという意味でよく使われる形容詞です。(参考

|

« A Taxi Driver | Main | Phoenix »

Comments

ムムム、パクられた!(爆)

帰国されても英国仕込みのジョークのサイトはお続け頂けないものでしょうか。毎朝、poohotosamaのジョークを読んでから一日のスタートを切っていましたので、無くなると辛いものがあります。形を変えて、でも構いませんので、よろしくお願いします。

ともあれ、先ずは無事にご帰国ください。ひょっとすると、可愛いお嬢様に日本のどこかで会えるかも知れませんね。それは、ちょっと期待してます、いえ本当に。

それでは、よろしくお願いします。

Posted by: poohpapa | 06.08.2004 05:36 PM

え・・・帰っちゃうんですか?
送別会くらいしていただこうと思っていたのに。

Posted by: あさみ | 06.08.2004 06:17 PM

おお、帰国されるのですか。
日本に帰られたら、忙しくなるのでは?
このペースでの更新は難しいと想像します。でも、毎日楽しみにしている読者としては継続を願っています。

Posted by: 英語学習帳 | 06.08.2004 08:09 PM

帰国されるのですか?!
あーなんか一生続けてくれそうな気がしていただけに
ショックです…☆

気をつけてお帰りください<(_ _*)>
また帰ってこられたときは日本でPubでもいきましょう♪

Posted by: k | 06.08.2004 11:54 PM

帰国されてもジョークは続けられるのですか?
ぜひお願いしたいと思っています。

早逝した名ドラマーは、さしずめ”気楽な”パウエルですか。(^^)あっ、彼はCozyって愛称でしたっけ・・・

Posted by: ハリケーン | 07.08.2004 08:35 AM

みなさま、励ましのコメントありがとうございます。
私は、本当に言葉では言い表せないほど感動しています。

しかし、私も会社員なのでそろそろ会社に利益を還元しないといけません。

日本に帰ったら、多分更新が滞ると思いますが、できるだけ続けていきたいと思います。

> poohpapa様

 こそっとリンクを貼ったのにもう気づかれてしまいましたか。
 すいません。 ;)

> あさみ様

 ケンブリッジまで来れますか?
 それでしたら、(自称)一級パンターの私めが置き土産にケンブリッジを案内して差し上げられると思います。

> y-46様
 
 私もまたどこかの国に駐在で行きたいです。

> k様

 私の実家が関西で、多分新しい仕事場も大阪なので、どこかで会えると良いですね。
 この期に及んで新しい勤務地を知らせない私の会社っていったい...

> ハリケーン

 スペルはCosy,Cozyどちらでも良いようです。
 私はなんとなくsの方がブリティッシュな感じなのでcosyにしました。

 本当に惜しい人を亡くしました。
 私はレインボーの時とゲイリー・ムーアのAfter The Warが凄く好きでした。
 
 頑張って、更新しなかったら死亡説が流れるくらいになりたいものです ;)
 なんのこっちゃ?

 

Posted by: poohotosama | 07.08.2004 03:34 PM

とうとう帰国命令ですか。
ぜひとも帰国後も楽しいサイトを続けていただけるといいのですが。。忙しい日々になってしまうでしょうね。最大の難関は地獄のような通勤でしょうか。それともエンドレスな残業でしょうか(^^;
イギリスじゃ考えられないですものね>長時間残業
比較的サクッと帰っちゃいますものね、お店もさっさと閉まっちゃうから。夕方4時にスーパーが閉まるというのは日本じゃ考えられませんでした(--;
なんにしても引越しの片付け、手配や日本での生活準備など忙しい日々になると思いますが、お身体などに気をつけて、無事に帰国してくださいな。

Posted by: くっきも | 07.08.2004 06:16 PM

あらあら、帰国ですか……

日本に帰ってから「おみやげ話」ならぬ「おみやげジョーク」の更新をお待ちしております。

今は身体にお気をつけて、帰国の準備に専念して下さい。

Posted by: MadGents | 07.08.2004 10:19 PM

> くっきも様

 お気遣いありがとうございます。

 よくご存知ですね。;)
 日本に帰ったら、馬車馬のようにこき使われる予定です。

> MadGents様

 今日もぐうたらしている嫁さんを働かせるのに忙しかったです。
 本当に帰国までに荷物が片付くか心配になって来ました。

とりあえず、日本に帰ってもできるだけ更新を続けていきたいと思います。
それでは

Posted by: poohotosama | 08.08.2004 01:12 AM

サイト続けてくださると聞いてちょっと安心。
いまじゃ、毎日楽しみん読んでる英語といえばここくらいなので・・

大阪で是非オフするときは、よんでください。

Posted by: Trina | 08.08.2004 03:56 PM

> Trina様

 コメントありがとうございます。

 その前にロンドンの個展にお邪魔しようと思ってます。

 それでは

Posted by: poohotosama | 08.08.2004 05:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Cosy Pubs:

« A Taxi Driver | Main | Phoenix »