« Phoenix | Main | Jungle Pleasure »

The Egyptian Time Keeper

アジアカップ日本勝ちましたね!

昨日、うちの研究室の中国人留学生に"Good Luck"って言われて、"You, too"って答えずに、思わず"OK"って言ってしまったのでちょっと気まずい。

ところで、その中国人留学生によると反日感情が高いのは田舎の方が多くて、都市部ではそんなにないようです。
田舎の人は、都市部との貧富の差が激しくなっても政府に鬱憤をぶつけることができないので、そんな風になってしまうようです。
"日本がポーンと数十億ドル中国にくれたら反日感情もなくなるんじゃない"ととんでもないことを言ってくれてました。

それにしても、反日ブーイングをはね返して快勝(ちょっと2点目があやしいらしいですが)したので中国の人もちょっとは見直してくれるかな?
 
 
 
それでは、今日も書き出しとは何の関係もないジョークです。

今日のテーマは体内時計についてです。

子供の時に読んだ、ファーブル昆虫記にミツバチが体内時計を持ってることを書いた話が記憶に残っています。
それは、毎日同じ時間にマーマレードをあげていると、マーマレードをあげない日も同じ時間にハチがやってくることが分かって、匂いに誘われたのではなく、体内時計によって行動していたということを書いたものでした。


There was a tour bus in Egypt that stopped in the middle of a town square. The tourists are all shopping at the little stands surrounding the square.

ある旅行のツアーバスがエジプトで、街の広場のまん中に停車していました。
旅行者は、皆広場の周りの小さな店で買い物をしていました。


One tourist looks at his watch, but it is broken, so he leans over to a local who is squatted down next to his camel.
"What time is it, sir?"

1人の旅行者が腕時計を見ようとすると、壊れていました。
そこで、ラクダの横にしゃがんでいた地元の人にかがみこんで言いました、
「今何時でしょうか?」


The local reaches out and softly cups the camel's genitals in his hand, and raises them up and down.
"It's about 2:00", he says.

男は、手でラクダの性器をゆっくりと包むように持ち、それを上下に揺すりました。
そして,言いました、
「2:00くらいだよ。」


The tourist can't believe what he just saw. He runs back to the bus, and sure enough, it is 2:00. He tells a few of the fellow tourists his story, "The man can tell the time by the weight of the camel's genitals!"

その旅行者は、自分の見たことが信じられませんでした。
そして、バスに走って戻ると、なんと時間は2:00ちょうどでした。
彼は、同じツアーの人に、この話をしました。
「その人は、ラクダの性器の重さで時刻が分かるんだ!」


One of the doubting tourists walks back to the local and asks him the time, the same thing happens! It is 2:05.p.m. He runs back to tell the story.

疑い深いツアーのメンバーが1人、その男の所に行って時間を尋ねました。
すると、男はやはり時間を言い当てました!
そして、時刻は2:05でした。
そのツアーメンバーが戻ってきてこのことを話ました。


Finally, the bus driver wants to know how it is done. He walks over and asks the local how he knows the time from the camel's genitals.

最後には、バスの運転手もどうやってやるのか知りたくなりました。
彼は、その男の所にいって、どうやってラクダの性器で時間が分かるのか尋ねました。


The local says "Sit down here and grab the camel's genitals."
"Now, lift them up in the air.

地元の男は言いました、
「ここに座って、ラクダの性器をつかめ。そして、それを持ち上げろ。そうすれば、...



Now, look underneath them to the other side of the courtyard, where that clock is hanging on the wall."

その下から、中庭の反対側を見えるだろ、そこの壁に時計があるんだよ。


もしかしたらオチが読めたかもしれないですね。
ちょっとオチが読めないように、事前に錯覚を起こすような導入文を書いてみたんですが...

出典:Aardvark Archie's Rude Humor

面白かったら、投票してくださいね! → 英語学習ランキング

|

« Phoenix | Main | Jungle Pleasure »

Comments

日本は、中国にODAとしてポ~ンと数十億渡している、と思ったら、2001年には1,755億円(内無償63億円)でした。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/jisseki/kuni/02_databook/eaj/top_eaj.html

2001年までに2兆8293億円(内無償1,297億円)だそうです。
イスラエルや中国に"ODA"はどうかと思うので、「過去の遺恨」がなければこんな額にはならなかったと推測します。

中国は好きな国だったので、今回の「ブ~イング騒動」は残念です。
鄧小平時代であればこんなことにはなっていないような・・・その後が江沢民ですから、残念っ!・・・って感じでしょうか。

本題に戻って、今回のジョークは「牛」として子供の時に兄貴に教わりました。
アメリカ的カントリー調のジョークだった記憶があります。

Posted by: ハリケーン | 09.08.2004 at 09:16 AM

ODAもほとんど日本企業の中国進出に使われているか、政治家の懐に入ってるだけなので、一般人には日本からお金を貰ってるっていう認識は全くないと思います。

うちの会社も昔、中国で大きな仕事をしたとき円借款を使いました。
インフラ系のビジネスは後で儲かるので、初めは円借款で参入して、あとで細く長く儲かるパターンは中国進出の美味しいところです。


それと、「牛」のパターンもありましたが、なんとなくラクダの方がエキセントリックで面白かったのでこっちにしました。

Posted by: poohotosama | 10.08.2004 at 04:34 PM

You need to be a part of a contest for one of the best websites on the web. I will highly recommend this site!

Posted by: レンタカー | 26.01.2014 at 02:53 PM

Do you mind if I quote a few of your posts as long as I provide credit and sources back to your site? My blog site is in the very same area of interest as yours and my visitors would definitely benefit from a lot of the information you provide here. Please let me know if this alright with you. Thanks!

Posted by: 相機 | 09.02.2014 at 11:45 PM

Thanks for sharing such a fastidious idea, article is nice, thats why i have read it entirely

Posted by: 鑽石戒指 | 10.02.2014 at 03:25 AM

Hi, all is going well here and ofcourse every one is sharing data, that's really fine, keep up writing.

Posted by: grand cayman tourist sights | 13.02.2014 at 04:12 PM

I think the admin of this website is actually working hard for his web page, because here every data is quality based material.

Posted by: magic article rewriter | 13.02.2014 at 05:04 PM

Howdy! This is my 1st comment here so I just wanted to give a quick shout out and tell you I truly enjoy reading your posts. Can you recommend any other blogs/websites/forums that cover the same topics? Thank you so much!

Posted by: hawkhost | 07.03.2014 at 09:23 AM

Hi there to all, it's in fact a fastidious for me to pay a quick visit this website, it consists of valuable Information.

Posted by: 北海道自由行 | 21.04.2014 at 10:39 PM

I visited various blogs however the audio quality for audio songs existing at this site is in fact marvelous.

Posted by: 峇里島自駕遊租車 | 30.05.2014 at 05:10 AM

Hi there, I would like to subscribe for this webpage to get latest updates, so where can i do it please help out.

Posted by: 台北自駕遊 | 07.06.2014 at 01:41 PM

If some one needs expert view about running a blog afterward i propose him/her to go to see this web site, Keep up the pleasant work.

Posted by: GreenSmoke review | 04.10.2014 at 01:19 AM

Pretty! Thiѕs was an extremely wondderful ɑrticle. Thwnks for providing this information.

Posted by: Jons Article Solution | 01.12.2014 at 11:19 PM

I eѵery time used to study piece of writing in newѕ papers but now as I ɑm a user oοf web so fгom now I am սsing net for artiсles, thanks too wеb.

Posted by: Jons best article spinner | 08.12.2014 at 01:31 PM

Intimate photos from every stage of Lee's fascinating life is included and this one is a must buy for every Lee fan and scholar. It's the eighth and last movie in the series based on the Love Arrives Softly novels by Janette Oke. It tends to make me better understand their courage and commitment.

Posted by: Moviestarplanet hack | 18.12.2014 at 09:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1874/1119156

Listed below are links to weblogs that reference The Egyptian Time Keeper:

« Phoenix | Main | Jungle Pleasure »